コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エイヤフィヤトラヨークトル火山 エイヤフィヤトラヨークトルかざんEyjafjallajökull volcano

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エイヤフィヤトラヨークトル火山
エイヤフィヤトラヨークトルかざん
Eyjafjallajökull volcano

アイスランド南部の東部火山帯に属する氷底火山。名称は「島の山の氷河」というアイスランド語に由来し,エイヤフィヤトラ氷河の下にある。最高地点は海抜 1666m。記録によると,920年,1612年または 1613年,1821~23年に噴火している。1800年代の噴火は 14ヵ月近く断続的に続いた。噴火は 3回とも,約 25km東にあるカトラ火山の噴火と同時,もしくはその直前に起こっている。2010年の噴火は,1月に小規模な群発地震とともに始まり,3月21日,エイヤフィヤトラ氷河と東側のより大きなミールダルス氷河を分ける,氷結しないフィムベルズハゥルズ山道の 500mにわたる亀裂から溶岩が噴き出し始めた。4月14日,氷河に覆われた頂上の噴火口の下の新たな割れ目から溶岩が噴き上がった。溶岩の熱で上部の氷河の氷が溶けて蒸発。火山から流れ出た泥,氷,融雪氷水は地域の河川を増水させ,特に火山の西にあるマルカルフリョウト川には流域の農地の浸水,道路の損傷などの被害を生じさせた。氷の急速な蒸発によって膨張したガスがマグマ水蒸気爆発(→水蒸気爆発)を次々に発生させ,蒸気と灰が上空 11km近くまで吹き上がった。噴煙は南東に流されて北大西洋を横切り,北ヨーロッパに流れ込んだ。ヨーロッパ諸国の多くは数日間にわたって空域を閉鎖し,飛行禁止措置をとった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android