エキス

精選版 日本国語大辞典「エキス」の解説

エキス

〘名〙 (extract から)
① 薬物や食物から有効成分を取り出し、それを濃縮したもの。また、その有効成分。流動体のものと乾燥したものとがある。
※植学啓原(1833)三「越幾斯(エキス)剤之首分也、草木療疾之性効、間存于此
② 物事の一番本質的なもの。精髄。粋。エッセンス。
※其面影(1906)〈二葉亭四迷〉三「欲といふものはね、人間を蒸餾して取ったエキスだよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「エキス」の解説

エキス

《〈オランダ〉extract(抽出物、の意)から》
薬物や食品の有効成分を水・アルコールエーテルなどに浸して抽出し濃縮したもの。
物事の最も本質的な部分。精髄。粋(すい)。エッセンス。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエキスの言及

【肉エキス】より

…獣肉または魚介肉より水溶性の成分として抽出されるもの。単にエキスともいう。生物の組織や食品を磨砕し,水や熱湯で抽出すると種々の成分が溶出してくる。…

※「エキス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android