エキス

精選版 日本国語大辞典「エキス」の解説

エキス

〘名〙 (extract から)
① 薬物や食物から有効成分を取り出し、それを濃縮したもの。また、その有効成分。流動体のものと乾燥したものとがある。
※植学啓原(1833)三「越幾斯(エキス)剤之首分也、草木療疾之性効、間存于此
② 物事の一番本質的なもの。精髄。粋。エッセンス。
其面影(1906)〈二葉亭四迷〉三「欲といふものはね、人間を蒸餾して取ったエキスだよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のエキスの言及

【肉エキス】より

…獣肉または魚介肉より水溶性の成分として抽出されるもの。単にエキスともいう。生物の組織や食品を磨砕し,水や熱湯で抽出すると種々の成分が溶出してくる。…

※「エキス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android