コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エコランパディウス エコランパディウス Oecolampadius, Johann

3件 の用語解説(エコランパディウスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エコランパディウス
エコランパディウス
Oecolampadius, Johann

[生]1482. ワインスベルク
[没]1531.11.23. バーゼル
ドイツ人文主義者,教父学者,バーゼル市の宗教改革指導者。ドイツ名 Hüssgen。ハイデルベルク大学に学ぶ。人文主義に接近し,1515年エラスムス新約聖書ギリシア語原典出版に協力。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

エコランパディウス

スイス,バーゼルの宗教改革者。エラスムス,ロイヒリンらと交わった人文学者にしてバーゼル大学教授。ルターに共鳴,ツウィングリとともに改革派教会の確立に尽力した。
→関連項目バーゼル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

エコランパディウス【Johannes Oecolampadius】

1482‐1531
スイスの宗教改革者。人文主義の学者としてロイヒリン,エラスムスらと交友があったが,ルターの感化を受け,1523年以来バーゼルの大学の教授として聖書と神学を講じ,牧師となって改革派教会を確立するために貢献した。神学的著作は少ないが,穏健で正確また包括的な判断をする教会指導者であり,宗教改革の一致をはかり,教会の国家からの自立のために努力した。その思想はカルバンに引き継がれた。【渡辺 信夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のエコランパディウスの言及

【改革派教会】より

…プロテスタント諸教会の総称として使われる場合もあるが,正確にはとくにルター派に対してカルバン派の教会を指す呼称。スイスと南ドイツの諸都市は,ルター主義と若干の隔りをおく宗教改革をした(ツウィングリ,ブツァー,エコランパディウスら)。これが改革派の源流である。…

※「エコランパディウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エコランパディウスの関連キーワードカルバンゴイスツウィングリツェルティスピルクハイマーフッテンロイヒリングロスミュンスター宗教改革記念碑ベーズ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone