コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エシカル消費 エシカルショウヒ

2件 の用語解説(エシカル消費の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エシカル‐しょうひ〔‐セウヒ〕【エシカル消費】

エシカル(ethical)は「倫理的・道徳的」の意》環境や社会に配慮した製品やサービスを選んで消費すること。「エシカル消費ファッション」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エシカル消費
えしかるしょうひ
ethical consumption

地球環境や社会貢献などに配慮したモノやサービスを積極的に消費する行動。自分の欲求のみによる消費ではないため、「倫理的な」という意味の英語の形容詞エシカルをつけたことばで、倫理的消費ともいう。自然保護や省資源に役だてようとする「エコ消費」、健康で持続的な社会を目ざす生活スタイルロハス」、搾取しないために途上国商品を適正価格で購入する「フェアトレード」、社会的弱者の支援につながる「チャリティー消費」、地域活性化の一助となる「地産地消」などを包括するマーケティング用語である。環境や人権に配慮しない企業の商品を排除(ボイコット)するという回避行動もエシカル消費に含まれる。
 1990年代後半にイギリスで発達した概念で、イギリスのNPO(民間非営利組織)団体のECRA(Ethical Consumer Research Association)は世界の著名企業について環境保護や社会的貢献度に基づいてエシカル消費度合いをランク付けしている。日本では2007年(平成19)、輸入水を販売する会社が売上高の一部をユニセフ(国連児童基金)へ寄付するキャンペーンを展開したことで、エシカル消費の概念が広まった。2011年の東日本大震災後、ボランティア活動を組み込んだ旅行商品や、義援金付き預貯金などのエシカル商品が次々と登場した。エコバッグを持って買い物に出かける行動も、広義のエシカル消費の一つとされる。
 環境や人権保護に積極的な企業に投資するファンドをエシカルファンドとよぶ。イギリスの2009年のエシカル消費の市場規模(エシカルファンドを含む)は5兆6000億円に達したと推定され、環境保護や社会貢献機運の高まりで、世界のエシカル消費市場は拡大しているとされる。しかし倫理性の概念は個人、地域、国、宗教などによって異なるため、エシカル消費の定義はあいまいで、西洋の食習慣や文化などの価値観の押し付けにつながりかねないとの指摘もある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エシカル消費の関連キーワード看護倫理あえしらいうなうなオキシカルボン酸押し掛かる倫理的倫理的宗教踏みしかるエシカル倫理的終末論

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エシカル消費の関連情報