コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地産地消 ちさんちしょう

6件 の用語解説(地産地消の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地産地消
ちさんちしょう

地域で生産された農産物や水産品を,その地域で消費すること。消費者の食に対する安全・安心志向の高まりや生産者の販売形態の多様化を背景に,「互いの顔が見える」関係で生産品を直接購入・販売できる機会を設け,この場を通じて地域の農林水産業と関連産業の活性化をはかる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

地産地消

その土地で生産された農産物をその土地で消費すること。「地産地消」を売り物に、ファーマーズ・マーケットと呼ばれる直売所や朝市が、売り上げを伸ばしている。消費者が生産者と生産地のはっきりした地場産農産物に安心を求めるようになったためと推測される。2005年には618地域で地産地消推進計画が策定された。地産地消は、卸売市場間の転送や過剰規格、過剰包装などといった、既存の市場流通が持つ課題を浮き彫りにし、輸入に依存した食生活のあり方にも反省を迫っている。

(池上甲一 近畿大学農学部教授 / 2007年)

地産地消

地域で得られる農作物や水産品をその地で消費すること。ネットによる通販などで遠方の食品の取り寄せが盛んになる一方、地元で栽培される野菜、捕れる魚介、飼育される肉類、古くから伝わる郷土料理、味噌や焼酎といった特産品など、旬の風味と栄養価値を見直して健康維持及び食文化の伝承につなげようとする動きが、各地で目立っている。背景には、スローフードやマクロビオティックが食生活の基本として推奨していること、一般消費者の健康志向の増大などがある。地産地消は、一種の地域ブランド(産地や生産者名を明らかにし、味や安全性などをアピール)を生む結果をももたらした。

(中島富美子 フード・ジャーナリスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちさん‐ちしょう〔‐チセウ〕【地産地消】

《「地域生産地域消費」「地元生産地元消費」などの略》その地域で作られた農産物・水産物を、その地域で消費すること。また、その考え方や運動。輸送費用を抑え、フードマイレージ削減や、地域の食材・食文化への理解促進(食育)、地域経済活性化、食料自給率アップなどにつながるものと期待されている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちさんちしょう【地産地消】

地元でとれた生産物を地元で消費すること。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地産地消の関連情報