コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エジプトハゲワシ Neophron percnopterus; Egyptian vulture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エジプトハゲワシ
Neophron percnopterus; Egyptian vulture

タカ目タカ科。全長 47~65cmの小型のハゲワシ。大きさの異なる 3亜種がある。顔は黄色の皮膚が裸出し,が細長くて黒い。羽色は風切羽が黒く,体のほかの部分は白いが,土がついて錆色や褐色がかっていることが多い。後頭から頸の羽毛は長く,みの毛のようになっている。ヨーロッパ南部から中央アジアインド,ヒマラヤ地方,アフリカ中・北部,ナミビアで繁殖する。アフリカ北部やヨーロッパから中央アジアでは夏鳥(→渡り鳥)で,冬季は繁殖地の南部へ渡る。巣は崖や建物の張り出しの上,大木などにつくる。ほかの多くのハゲワシ類と同様,動物の死肉に集まるが,体が小さいので大型種が去るのを周辺で待ち,残った小片などを食べる。ほかにも昆虫や動物の糞,爬虫類,小型の動物なども食べる。また,こぶし大の石をくわえてダチョウの卵に投げつけ,卵殻を割って内容物を食べるという行動を見せる。(→ワシ猛禽類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のエジプトハゲワシの言及

【道具】より

…たとえばガラパゴス諸島生息のダーウィンフィンチはサボテンのとげをくちばしでくわえて,枯木内の小孔から餌となる虫をつつき出す。また東アフリカの草原に生息するエジプトハゲワシは小石をくちばしでくわえて空中に舞い上がり,これを落としてダチョウの卵を割って中身を得る。これらの例では道具を使わなければ得られなかった食物の獲得に成功しているが,いずれも遺伝的に受け継いだ生得的な行動様式である。…

【ハゲワシ(禿鷲)】より

…アフリカ産のヤシハゲワシGypohierax angolensisはアブラヤシの果皮をよく食べる。エジプトハゲワシNeophron percnopterus(イラスト)は,くちばしにくわえた石をぶつけてダチョウの卵を割り中身を食べることで有名。シロエリハゲワシGyps fulvus(イラスト)はヨーロッパ南部,アメリカ北部,ヒマラヤまでのアジアの山地に分布する。…

※「エジプトハゲワシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エジプトハゲワシの関連キーワード禿鷲

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android