コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エチュード étude

翻訳|étude

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エチュード
étude

音楽用語。演奏技巧を修得するために書かれた練習曲。初心者用の練習を目的とするものから,芸術的な香りの高い音楽会用練習曲まで,さまざまの段階のものがある。後者として,ショパンドビュッシーの『エチュード』が有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エチュード(〈フランス〉étude)

美術で、絵画・彫刻制作の準備のための下絵。習作。
音楽で、楽器の練習のために作られた楽曲。練習曲。
演劇で、即興劇。場面設定だけで、台詞や動作などを役者自身が考えながら行う劇。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

エチュード

練習曲

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

エチュード

日本のテレビドラマ。放映はテレビ朝日系列(1993年8月)。全4回。脚本:伊藤正宏。出演:萬田久子、宮崎美子、古尾谷雅人ほか。

エチュード

マツダが1987年から1990年まで製造、販売していた乗用車。3ドアハッチバック。ファミリアをベースに開発された。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

エチュード【étude】

〔勉強・練習の意〕
声楽や楽器演奏の練習のためにつくられた楽曲。練習曲。芸術的にすぐれた作品も多い。 「ショパンの-」
絵や彫刻などで、習作・試作。 ↔ タブロー

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エチュード
えちゅーど

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエチュードの言及

【練習曲】より

…演奏技術の向上を目的とした楽曲,あるいは特殊な高度の技術を表現手法とした作品。エチュードétudeともいう。とくに16,17世紀に器楽曲が隆盛になるにつれて,作曲されるようになり,J.ダウランドの息子ロバートRobert Dowland(1591ころ‐1641)のリュート教則本《リュート・レッスンのさまざま》(1610)や,J.プレーフォードの出版したビオル教則本は初期の最も重要な練習曲に数えられる。…

※「エチュード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エチュードの関連キーワードスクリャービン(スクリアビン):ピアノ協奏曲/piano and orchestra(concerto)ローゼンブラット:ユモレスク・エチュード/piano soloタカーチ:ちょっと新しいこと/piano soloウラジーミル シクリャローフレオニード サラファーノフジャン・クロード エロアウンベルト ロトンディデンマーク王立バレエ団ピエール ボワデッフルジャーク リヴィエールモーリス オハナラブロフスキー服部ひろとしトリュフォー近馬 勘吾伊達 得夫楠田 一郎原口 統三水沢レイン中地美佐子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エチュードの関連情報