コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エネルギー保存則 エネルギーほぞんそくlaw of conservation of energy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エネルギー保存則
エネルギーほぞんそく
law of conservation of energy

物理的・化学的変化において,これに関与する各種のエネルギーの総和が,変化の前後で変らないという法則。特に力学的過程を通じて位置エネルギーと運動エネルギーとの和が変化しないことを力学的エネルギー保存則といい,保存力だけが働く系,または系に働く非保存力が仕事をしない場合に成り立つ。またの出入りのある系で,外界から吸収される熱量と外力のなす仕事の和がその系の内部エネルギーの増加となり,力学的エネルギーと熱エネルギーを含めてエネルギー保存則が成り立つ事実を熱力学第一法則という。エネルギー保存則は量子力学においても成り立ち,原子が高いエネルギー準位から低い準位へ遷移するとき,このエネルギー差に等しいエネルギーの光子が放出されるとして,原子スペクトルが理解される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エネルギー保存則の関連キーワードオストワルト(Friedrich Wilhelm Ostwald)マイヤー(Julius Robert von Mayer)トムソン(Sir Joseph John Thomson)ウェーバー(Wilhelm Eduard Weber)グローブ(William Robert Grove)アインシュタイン(Albert Einstein)ビュヒナー(Ludwig Büchner)ベルヌーイの定理ハミルトン関数コンプトン効果第二種永久機関ダーウィニズム第一種永久機関エネルギー変換エントロピー熱力学の法則ニュートリノヘルムホルツ弱い相互作用アレニウス

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エネルギー保存則の関連情報