エネルギー自給率(読み)エネルギーじきゅうりつ(英語表記)rate of energy self-sufficiency

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エネルギー自給率
エネルギーじきゅうりつ
rate of energy self-sufficiency

1次エネルギー供給の中で,国産のエネルギーが占める比率をいう。一般にこれが低いと,石油危機などのエネルギー危機に対するぜい弱性が高いと考えられる。日本の自給率は 1960年では 56.6%だったが,その後急激に低下し,第1次石油危機の起こった 73年には,最低の 10.6%まで減少した。しかし,エネルギー政策の見直しにより徐々に自給率は高まり,現在 17~18%である。エネルギー別に見ると,石炭 11.2%,原油 0.3%,天然ガス・LNG4.8%,地熱・水力・原子力発電が 100%である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エネルギー自給率の関連情報