コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エラブオオコウモリ エラブオオコウモリPteropus dasymallus; Ryukyu flying fox

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エラブオオコウモリ
Pteropus dasymallus; Ryukyu flying fox

翼手目オオコウモリ科。単にオオコウモリとも呼ばれる。体長 19~23cm,前腕長 12~15cm。体毛は長く茶色で,鈍黄色または黄白色の頸輪がある。吻は長く突き出し,眼は大きい。夜行性で,日中は群れをなして樹の枝にぶらさがって休息する。果実を主食とし,クワの実やバナナ,パイナップルを食べ,果樹園にしばしば害を与える。日本の南西諸島,台湾に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エラブオオコウモリ【Northern Loo‐choo fruit bat】

東アジアのオオコウモリ属中最北に分布する,首に黄褐色の輪がある翼手目オオコウモリ科の哺乳類。南西諸島と台湾の火焼(かしよう)島に固有のクビワオオコウモリP.dasymallusの1亜種で,口之永良部島と宝島にのみ産する。長崎,江戸,南九州,屋久島などにおける古い記録や1954年12月の夜に鹿児島市内の家の垂木にぶら下がっているのがとらえられた記録などは迷獣に基づくものであろう。体長19~21cm,前腕長12~14cm,吻(ふん)が比較的長く,耳介は25cm前後で小さく,その半分は毛に隠れ,基部は筒状で耳珠(一般には耳介の前方にある)がない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エラブオオコウモリの関連キーワードオガサワラオオコウモリ鹿児島県鹿児島郡十島村トカラ列島県立自然公園インドオオコウモリ十島(村)首輪大蝙蝠口永良部島屋久島町翼手類大蝙蝠

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エラブオオコウモリの関連情報