コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルミナ Elmina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルミナ
Elmina

ガーナ南部,ベナン湾岸の町。ポルトガル交易所として建設され,1482年にはセント・ジョージ要塞が築かれた。この要塞を中心にポルトガルはエルミナ植民地を形成し,同地域の貿易を独占。その後 15世紀末から 18世紀にかけて,オランダ人イギリス人デンマーク人,スウェーデン人らによって同様の植民拠点がベナン湾一帯,約 500kmにわたり設けられ,世界でも類をみない一連の交易所群を形成した。ヨーロッパの物品を金,象牙,香辛料などと交換し,のちには奴隷貿易の中心となった。スウェーデン人はケープコーストに,デンマーク人はアクラに,オランダ人,イギリス人はセコンディタコラディにそれぞれ城塞を築いた。現在,博物館,刑務所,学校などとして利用されているこれらの城塞跡は,1979年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エルミナ(Elmina)

ガーナ南部の港町。ギニア湾に面する。15世紀末にポルトガルが交易拠点としてエルミナ城を建造し、続いてオランダ、英国に支配された。金および奴隷の交易によって栄えた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

エルミナ【Elmina】

西アフリカ,ガーナの海岸,アクラの西約70kmの地名。1470年代にポルトガルのエンリケ航海王子が派遣した西アフリカへの探検航海の船乗りたちが,この地方で大量の金を手に入れ,エル・ミナ(鉱山,金鉱)と名づけたのに由来する。エンリケ王子の死後,探検航海の事業をうけついだジョアン2世の時代(1482)には,この地にサン・ジョルジュ・ダ・ミーナSão Jorge da Minaと呼ばれる城砦も築かれ,金を渇望していたポルトガルの,西アフリカからの金積出しの重要拠点となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エルミナ
えるみな
Elmina

西アフリカ、ガーナ中南部のギニア湾沿岸にある港町。人口2万6300(2002推計)。1482年にポルトガルの貿易基地として城塞(じょうさい)が建設され、ゴールド・コースト(現ガーナ)の金貿易の中心地になった。1637年オランダ人が占領し、1872年にはイギリス人に譲渡されたが、この間奴隷の積出し港であった。現在は静かな漁港で、城塞はガーナ警察の本部として利用される。[中村弘光]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のエルミナの言及

【ガーナ】より

…しかしそうした各部族の大移動の末期には,早くもヨーロッパ勢力の侵入が始まっていた。この地域に最初に渡来したポルトガル人は,1482年にはエルミナに,続いてアクシム,シャマ,アクラなど沿岸各地に城塞を築き,これらを根拠地として貿易を行った。この地域をゴールド・コーストと名づけたのは,これらポルトガル人であるが,それはこの地域が金の産地であったことによる。…

【大航海時代】より

…一方,実際の航海活動は国家の独占とされた。1480年ころにはギニア海岸のエルミナに城が建設され,黄金,象牙,奴隷貿易の拠点となった。 81年ころジェノバ人コロンブスがポルトガルの宮廷に現れ,西回りで中国や黄金の国ジパングに到達できると主張し,自らその航海を実行したいと提案した。…

※「エルミナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エルミナの関連キーワードガマ(Vasco da Gama)ジョアン2世(完全王)ゴールドコーストアシャンティ王国ダーンデルス大航海時代黄金海岸

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android