コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エレクトロニックバンキング エレクトロニックバンキング electronic banking

翻訳|electronic banking

4件 の用語解説(エレクトロニックバンキングの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エレクトロニック‐バンキング(electronic banking)

コンピューターや通信技術を駆使して、銀行が取引の機械化を進めたり、サービスの向上を図ったりすること。企業向けのファームバンキング、家庭向けのホームバンキングなどがある。従来、専用の端末を電話線に接続して利用していたが、インターネットが普及してからは、インターネットバンキングが主流となった。EB。オンラインバンキング

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

エレクトロニックバンキング【electronic banking】

電話回線などの通信回線を通じて、銀行などの金融機関のサービスを利用すること。また、それを実現するためのシステム。店頭のATMと同様のサービスを利用できる専用の端末機器を必要とする。インターネットの普及に伴い、パソコンを用いるインターネットバンキングや携帯電話によるモバイルバンキングが一般的になった。⇒インターネットバンキングモバイルバンキング

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

エレクトロニックバンキング【electronic banking】

通信回線で結ばれたコンピューターを利用した銀行サービス。ファーム-バンキング・ホーム-バンキング・銀行 POS などの総称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エレクトロニックバンキングの関連キーワードインターネットバンキング公衆通信回線DDX回線交換公衆回線重信回線

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone