electronic banking(読み)エレクトロニックバンキング

IT用語がわかる辞典の解説

エレクトロニックバンキング【electronic banking】

電話回線などの通信回線を通じて、銀行などの金融機関のサービスを利用すること。また、それを実現するためのシステム。店頭のATMと同様のサービスを利用できる専用の端末機器を必要とする。インターネットの普及に伴い、パソコンを用いるインターネットバンキングや携帯電話によるモバイルバンキングが一般的になった。⇒インターネットバンキングモバイルバンキング

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エレクトロニック‐バンキング(electronic banking)

コンピューターや通信技術を駆使して、銀行が取引の機械化を進めたり、サービスの向上を図ったりすること。企業向けのファームバンキング、家庭向けのホームバンキングなどがある。従来、専用の端末を電話線に接続して利用していたが、インターネットが普及してからは、インターネットバンキング主流となった。EBオンラインバンキング

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android