コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンリケ[航海王子] エンリケ

百科事典マイペディアの解説

エンリケ[航海王子]【エンリケ】

ポルトガルの王子で父はジョアン1世。ヨーロッパの新航路推進と航海術向上の最大の功労者として伝説化されてきたが,近年ではその多くが否定されつつあり,その評価は大きく揺れている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エンリケ[航海王子]【Henrique o Navegador】

1394‐1460
ポルトガルアビス朝創始者ジョアン1世の第5子としてポルトに生まれた。航海王子というあだ名からも知られるように,ポルトガル海外進出最大の貢献者とされているが,ポルトガルの歴史上最も評価の分かれる人物の一人である。基礎資料である15世紀の《ギニア航海記》(1841)では,イスラム教徒の征討に熱心な十字軍士としての側面が強調されているが,ポルトガル南西端サン・ビセンテ岬付近のサグレスに航海学校を創設したり,インド遠征を企図したルネサンス的賢人だったという,いわゆる〈エンリケ伝説〉が19世紀までに形成され,ついにはポルトガルの運命を切り開いた予言者として神格化されるに至った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のエンリケ[航海王子]の言及

【アフリカ探検】より


[大航海時代]
 15世紀になると,ヨーロッパ人の先駆としてポルトガル人がアフリカに乗りだした。ポルトガルのエンリケ航海王子がその指導者で,彼はイスラムを押しかえすキリスト教の拠点をアフリカにつくることをまず考えた。その最初の行動は1415年のセウタの占領である。…

【航海】より

…とくに後者の方法では,航海を完了するためには航海の開始時期,すなわち季節を選択することが重要な要素であったが,十分なデータがないため,季節の選択をまちがえた例がかなりあったようである。
[大航海時代]
 新世界の幕あけが間近となってきた15世紀初め,ポルトガルのエンリケ航海王子は,航海技術の発展および未開地の探検を精力的に推し進めた。そのころ船は大型化し,耐航性が増し,舵は固定舵となり,またラテン帆の導入で,推進効率が向上しており,それ以前に比べより外洋に出られるようになっていた。…

【大航海時代】より

…これがポルトガルの海外進出の第一歩となった。33年にエンリケ航海王子はアフリカ大陸沿岸における軍事行動と交易の権利を与えられ,たびたび部下をアフリカ西海岸に派遣し,黄金の産地であるギニア海岸に到達させようとした。そして49年にはブランコ岬近くのアルギン島に最初の商館が開設された。…

【ペドロ[1世]】より

…1348年のペストの大流行に起因する深刻な社会不安のなかで即位,いわば緊縮政策で危機の克服を図ったが,これに反発する貴族と市民層の一部が隣国アラゴンやフランスと手を結んだために,事態は外国勢力を巻き込んだ内戦へと発展した。反乱側は王の異母兄エンリケを先頭に立てて戦い,ペドロ王は69年トレド南東のモンティールでエンリケ(エンリケ2世)の手で刺殺された。生前,妃をはじめ多くの王族や貴族を処刑したことから,〈残虐王〉とあだ名される。…

【ポルトガル】より

…その一人アンリ・ド・ブルゴーニュはアルフォンソ6世の王女テレサと結婚し,1095年ポルトゥカレ伯としてミーニョ川,ドウロ川間の地に封じられた。その子アフォンソ・エンリケス(アフォンソ1世)は,1143年ローマ教皇の仲介でカスティリャから独立してポルトガル王国を建国し,コインブラを首都とするブルゴーニュ朝を開いた。このようにポルトガルの独立は封建制度をてこにして国土回復戦争の過程から生まれたものであるが,その独立には,スエビ王国の伝統を受け継ぐブラガ大司教が,半島全体を支配するトレド大司教からの独立を望んでアフォンソ1世を支援したという宗教的要因もからんでいる。…

※「エンリケ[航海王子]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エンリケ[航海王子]の関連キーワードヘンリー[航海王子]

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android