コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オイミャコン Oimyakon

3件 の用語解説(オイミャコンの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

オイミャコン【Oimyakon】

ロシア連邦、シベリアのサハ共和国東部の町。1933年2月に気温摂氏マイナス68度を記録。世界の寒極の一つ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オイミャコン

ロシア北東部,サハ共和国東部の町。インジギルカ川に臨み,南西をベルホヤンスク山脈,北西をタス・クイスタビス山脈に囲まれたオイミャコン丘陵の盆地にある。1933年2月に−67.7℃を記録し,南極を除いた世界の寒極とされる。
→関連項目寒極ロシア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オイミャコン
おいみゃこん
Оймякон Oymyakon

ロシア連邦東部、サハ共和国の村。インディギルカ川上流沿岸のオイミャコン盆地に位置する。標高600メートル。北方を除いて周囲を高い山脈に囲まれ、冬季はこの地方に寒気団が停滞し、無風好天で夜は輻射(ふくしゃ)熱の放散が多く、盆地に冷気がたまるので極度に寒冷となり、ベルホヤンスクとともに北半球の寒極といわれる。1933年に零下約68℃が記録された。[三上正利]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオイミャコンの言及

【寒極】より

…南半球の寒極は南極大陸の東半球部に位置し,現在ではロシアのボストーク基地(南緯78゜28′,東経106゜48′,標高3488m)での-89.2℃(1983年7月21日)が最低記録である。北半球ではロシアのシベリア北東部にあり,ベルホヤンスク(-67.8℃,1892年2月5日)と考えられていたが,精度上疑問とされ,現在ではオイミャコンOimyakon(北緯63゜16′,東経143゜15′,標高800m)での-67.7℃(1933年2月6日)が低温記録である。【山下 脩二】。…

※「オイミャコン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オイミャコンの関連キーワードサハ共和国ヤクートЯкутскЯкутАлданСахаВерхоянскサハ[共和国]モルドビア[共和国]ロシア[連邦共和国]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オイミャコンの関連情報