コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オイミャコン Oimyakon

3件 の用語解説(オイミャコンの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

オイミャコン【Oimyakon】

ロシア連邦、シベリアのサハ共和国東部の町。1933年2月に気温摂氏マイナス68度を記録。世界の寒極の一つ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

オイミャコン

ロシア北東部,サハ共和国東部の町。インジギルカ川に臨み,南西をベルホヤンスク山脈,北西をタス・クイスタビス山脈に囲まれたオイミャコン丘陵の盆地にある。1933年2月に−67.7℃を記録し,南極を除いた世界の寒極とされる。
→関連項目寒極ロシア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オイミャコン
おいみゃこん
Оймякон Oymyakon

ロシア連邦東部、サハ共和国の村。インディギルカ川上流沿岸のオイミャコン盆地に位置する。標高600メートル。北方を除いて周囲を高い山脈に囲まれ、冬季はこの地方に寒気団が停滞し、無風好天で夜は輻射(ふくしゃ)熱の放散が多く、盆地に冷気がたまるので極度に寒冷となり、ベルホヤンスクとともに北半球の寒極といわれる。1933年に零下約68℃が記録された。[三上正利]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオイミャコンの言及

【寒極】より

…南半球の寒極は南極大陸の東半球部に位置し,現在ではロシアのボストーク基地(南緯78゜28′,東経106゜48′,標高3488m)での-89.2℃(1983年7月21日)が最低記録である。北半球ではロシアのシベリア北東部にあり,ベルホヤンスク(-67.8℃,1892年2月5日)と考えられていたが,精度上疑問とされ,現在ではオイミャコンOimyakon(北緯63゜16′,東経143゜15′,標高800m)での-67.7℃(1933年2月6日)が低温記録である。【山下 脩二】。…

※「オイミャコン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オイミャコンの関連情報