コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオアシトガリネズミ Sorex unguiculatus; big-clawed shrew

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオアシトガリネズミ
Sorex unguiculatus; big-clawed shrew

食虫目トガリネズミ科。体長約 80cm。体毛は夏季と冬季で異なり,夏は暗褐色,冬は褐色。前肢はトガリネズミ類中最大で,爪は強大。他のトガリネズミよりもトンネル生活に適応している。ウスリー地方,中国東北地方,サハリン,千島列島,北海道に分布し,大黒島,礼文島,および利尻島にもすんでいる。北海道では低地の牧草地,草原,ササ原などに多く,ミミズ,昆虫類,クモなどを食べる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオアシトガリネズミ
おおあしとがりねずみ / 大足尖鼠
long-clawed shrew
[学]Sorex unguiculatus

哺乳(ほにゅう)綱食虫目トガリネズミ科の動物。とくに半地下性に適応した種で、日本では北海道とその属島に分布する。頭胴長は80ミリメートル内外である。[阿部 永]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオオアシトガリネズミの言及

【トガリネズミ(尖鼠)】より

…寿命は1年前後。ほかに本州中部の高山にのみ分布するアズミトガリネズミS.hosonoi,北海道東部にすむ最小の哺乳類の一つであるトウキョウトガリネズミS.minutissimus hawkeri(体長4.2cm,尾長2.9cm)などがあり,大きな前足をもつ北海道のオオアシトガリネズミS.unguiculatusは,しばしばモグラとまちがえられる。【今泉 吉晴】。…

※「オオアシトガリネズミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オオアシトガリネズミの関連キーワード有効幅員塚本淑子柊麗華電波望遠鏡唐古(からこ)・鍵遺跡アカソアカリファアキノタムラソウアゼスゲアナグマ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android