コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオキノコムシ オオキノコムシ Encaustes praenobilis

3件 の用語解説(オオキノコムシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオキノコムシ
オオキノコムシ
Encaustes praenobilis

鞘翅目オオキノコムシ科。体長 16~36mmで,オオキノコムシ科中の最大種。全体が光沢ある黒色で,前胸背,上翅肩部,翅端近くに赤色斑がある。前胸背は上翅より幅が狭く,両側が平行で方形をしている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

オオキノコムシ【Encaustes praenobilis】

甲虫目オオキノコムシ科の昆虫(イラスト)。体長16~36mmで,日本産の同科の種の中では最大。黒色で光沢があり,胸部と上翅に赤色の紋がある。北海道~九州に分布し,山地の森林帯に生息する。成虫は食菌性で6~8月に枯木,朽木に生じたツリガネタケなどの堅いキノコ類の上に見られる。幼虫はこれらのキノコが生えたブナの朽木中へ穿孔(せんこう)し,菌糸と朽木を食べる。幼虫で越冬し,初夏のころ朽木中で成虫となる。幼虫の頭部,体節背面,胸脚は淡黄色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオキノコムシ
おおきのこむし / 大蕈虫
[学]Encaustes praenobilis

昆虫綱甲虫目オオキノコムシ科に属する昆虫。日本各地の主として山地の森林に産する。体長16~36ミリメートル。体は黒色で長形、前胸背面には1対の黒点を含む赤色の大きい斑紋(はんもん)があり、上ばねの肩部と後方にも赤色斑紋がある。夏に森林中の枯れ木や倒木に生えたサルノコシカケ類のキノコに集まるが、春には倒木の皮下などにみられる。
 オオキノコムシ科Erotylidaeは主として中形から小形の甲虫を含み、世界におよそ2000種が知られ、日本には約100種が産する。ほとんどの種類は卵形ないし長楕円(ちょうだえん)形で背部が膨らみ、黒色か赤色ないし黄色の斑紋をもつもの、赤褐色に黒色の斑紋をもつものが多く、ときに金属光沢を帯びることがある。キノコを食べ、幼虫もキノコかキノコのつく枯れ木の皮下にすむことが多い。キノコの種類によって集まる虫の種類も異なり、特定のキノコのみにくる種類もある。ニホンホソオオキノコムシは干しシイタケにしばしばみいだされる。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オオキノコムシの関連キーワード蟻塚虫牙虫猿葉虫埋葬虫豆象虫歩行虫木回塵芥虫葉虫オオキノコムシ科

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone