コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオグソクムシ オオグソクムシ Bathynomus doederleini

3件 の用語解説(オオグソクムシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオグソクムシ
オオグソクムシ
Bathynomus doederleini

軟甲綱等脚目スナホリムシ科。等脚類では最大種を含むオオグソクムシBathynomus の 5種のうちの一種。体長 12cm,体幅 4cmほどで,体長 45cmに達するベンガル湾大西洋西部および東アジア産のダイオウグソクムシ B. giganteus に次ぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

オオグソクムシ【Bathynomus doederleini】

房州沖,相模湾,駿河湾紀伊水道日本海などの水深200~300mくらいの海底に生息し,体長12cmくらいに達する等脚類中最大の種類。スナホリムシ科の甲殻類。底刺網などにかかった魚類の体内に食い入って,肉や内臓を食い荒らすので,漁業者からきらわれる。体は長楕円形で背側に丸く隆起し,眼は黒色。頭部に続き7胸節と5腹節があり,腹節の側部は鋭くとがっている。腹尾節は台形をした板状で正中線に沿い隆起線がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオグソクムシ
おおぐそくむし / 大具足虫
[学]Bathynomus doederleini

節足動物門甲殻綱等脚目スナホリムシ科に属する海産動物。大形種で、体長15センチメートルに達する。日本特産で、房総半島沖から土佐湾までの水深200メートル内外の砂泥底にすむ。体は小判形で、甲が硬く、背面が盛り上がっている。頭部の側面から下面にわたって、約3000の個眼が集まった長三角形の複眼がある。頭部に続いて7胸節、5腹節、腹尾節があり、第2~第7胸節に基節板がある。胸部には7対の脚(あし)があるが、前3対は鉤(かぎ)づめ状の把握肢(はあくし)、後ろ4対は棒状の歩行肢である。肉食性。同属の近縁種は11種知られているが、メキシコ湾、アラビア海、ベンガル湾に分布するダイオウグソクムシB. giganteusは、体長45センチメートルに達し、等脚類中の最大種である。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オオグソクムシの関連キーワード紀伊水道紀淡海峡トリノアシ乙姫の花笠相模トラフ払子貝羅鱶桜蝦細沼田鰻駿河湾沖地震

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オオグソクムシの関連情報