コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオタニワタリ

百科事典マイペディアの解説

オオタニワタリ

チャセンシダ科の常緑シダ。本州最南部〜沖縄に分布し,大木や谷川の岩上などにはえる。光沢のある厚い線形の葉が漏斗(ろうと)状に集まり鳥の巣のような形になる。葉の長さ1m以上。観葉植物とする。近縁種コタニワタリは本州中部以北に分布し,小型で,葉には長い柄がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オオタニワタリ【Asplenium antiquum Makino】

山地の岩上や樹上に着生する常緑性のシダ(イラスト)。チャセンシダ科に属し,塊状根茎放射状叢生(そうせい)する単葉は,生け花の材料としても重宝される。葉柄は短く,基部には長さ2cmに及ぶ鱗片をつける。葉は革質で,全縁,披針形で鋭頭,基部はくさび形,大きいものでは長さ80cm,幅10cmに達する。葉脈は単生か,二叉(にさ)し,平行に並ぶが,先端は葉縁に沿って走る脈で結ばれている。胞子囊群は脈の前側について長く伸びる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオタニワタリ
おおたにわたり / 大谷渡・山蘇花
bird′snest fern
[学]Asplenium antiquum Makino

チャセンシダ科の大形の常緑性シダ。塊状の根茎から帯状の大きな単葉を杯状に散開させ、高さ80~120センチメートル。葉面は、厚い革質で濃緑色、光沢がある。胞子嚢(のう)群は中肋(ちゅうろく)から単条または二叉(にさ)になって出る葉脈の上につく。室内用観葉植物の一つで、生花にも使われる。大隅(おおすみ)半島ではこの葉で節句の餅(もち)を包み、八丈島ではコウジブタとよび、蒸したアワをこの葉で覆いコウジをつくる。近年オオタニワタリの名で花屋に並ぶものの多くは近縁のシマオオタニワタリである。フィリピンではシマオオタニワタリを薬草として利用する。浄血作用や鎮静作用があるといわれる。伊豆諸島、紀伊半島以南に自生する。[栗田子郎]

栽培

『古事記』にミツナガシワ(御綱柏)とあるのは本種で、食器の代用にされたらしい。シマオオタニワタリのほか、その園芸品種のアビスcv. Avisは観葉鉢物としてよく栽培される。野生状態とは異なり鉢栽培では葉長30~40センチメートルに育つ。葉上に不定芽を多数つける。ダウキフォリウムA. daucifolium Lam.も観葉鉢物として栽培される。アスプレニウム属は約700種あり、熱帯を中心に広く世界中に分布している。[高林成年]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オオタニワタリの関連キーワードオオタニワタリ(大谷渡り)チャセンシダ(茶筅羊歯)コタニワタリ(小谷渡り)フィラムシルーフチィビィシダ植物近畿地方男女群島サムムス茶筅羊歯小谷渡御綱柏カシワ稲積島谷渡り沖島酒器谷渡大島

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オオタニワタリの関連情報