コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオハシ オオハシ Ramphastidae; toucans

3件 の用語解説(オオハシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オオハシ
オオハシ
Ramphastidae; toucans

キツツキ目オオハシ科の鳥の総称。46種からなり,全長 30~65cm。が巨大で,最大種のオニオオハシ Ramphastos toco は全長の 3分の1の 23cmにも達する。内部は中空で重くはない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オオハシ

オオハシ科の鳥の総称。その名のようにくちばしが大きいのが特徴で,きわめて華美な羽色をもつ。メキシコ,南米に分布し,37種ある。多くは群生し,果実を食べ,木の穴を巣とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオハシ
おおはし / 大嘴・巨嘴鳥
toucan

鳥綱キツツキ目オオハシ科に属する鳥の総称。この科Ramphastidaeの仲間は熱帯アメリカ特産で森林にすみ、まったくの樹上性で、約37種がある。嘴(くちばし)が非常に大きく、しかも大形種ほど体に比べて大きい。なかには全長の半分近くを占めるものさえある。全長30~60センチメートルで、小形種にはチュウハシ、コチュウハシなどの和名が与えられている。羽色は黒か緑を主体とし、赤、黄、橙(だいだい)、青、白など鮮やかな色の部分がある。キムネオオハシは顔から胸が黄色、ヒムネオオハシでは胸が赤い。一般に嘴も美しい色をしており、大部分の種は雌雄同色である。ルーズな小群をなして生活し、木の実を主食とするが、大形昆虫やトカゲも食べ、小鳥の卵や雛(ひな)もとる。高い木の洞やキツツキの古巣などに2~4個の白い卵を産み、雌雄で抱卵、育雛(いくすう)する。オオオオハシRamphastos tocoは南アメリカ北東部産で全長60センチメートル。オレンジ色の嘴、白色の顔から胸、赤い下尾筒のほかは全身黒色である。[浦本昌紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オオハシの関連キーワードオオハシモズ大頭大嘴啄木鳥五色鳥蜜教オオガシラ(大頭)オオハシ(大嘴)キリハシ(錐嘴)ケラ(啄木鳥)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オオハシの関連情報