コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオマツヨイグサ

百科事典マイペディアの解説

オオマツヨイグサ

マツヨイグサ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオマツヨイグサ
おおまつよいぐさ / 大待宵草
[学]Oenothera erythrosepala Borb.

アカバナ科の二年草。根は白色の直根。根出葉は倒披針(とうひしん)形でロゼット状をなす。茎は高さ1.5メートル、白毛に覆われ、赤色の粒状突起がある。葉は互生し、有柄、狭長楕円(だえん)形で細毛があり、主脈は白い。花期は7~9月。つぼみは鈍四角形。萼(がく)は4枚で、合着して花を包み、開花前は帯黄赤色で2片ずつ反り返る。花弁は4枚、淡黄色、倒卵形で長さ4~5センチメートル、しぼんでから紅変しない(マツヨイグサなどは紅変する)。雄しべ8本、花柱は雄しべより長く、柱頭は4裂する。(さくか)は円柱形で3~4センチメートル、細白毛に覆われ、熟すと4裂する。
 明治初年に日本に入った北アメリカ原産の帰化植物で、北海道から九州に分布し、川原や道端に多い。夕方開花し翌朝しぼむので近縁種のマツヨイグサ、ツキミソウとともに「宵待草(よいまちぐさ)」とよばれて古くから親しまれている。また1900年、オランダの植物学者ド・フリースにより、突然変異の実験材料として用いられたことは有名である。観賞用のほか、若葉は食用となる。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオオマツヨイグサの言及

【ツキミソウ(月見草)】より

…メキシコ原産で,日本には嘉永年間(1848‐54)に渡来したといわれるが,現在ではほとんど栽培されていない。一般にいうツキミソウは本種ではなく,同属の帰化植物として広く分布する黄色花のマツヨイグサやオオマツヨイグサを誤称していることが多い。 高さ60cmぐらいとなり,まばらに分枝する茎を直立し,あらい鋸歯のある披針形の葉を互生する。…

【マツヨイグサ(待宵草)】より

… 日本ではマツヨイグサやツキミソウをはじめ,20種近くが栽培されたり帰化しているが,ふつうに見られるものに次のものがある。 オオマツヨイグサO.erythrosepala Borb.(英名large‐flowered evening primrose)は,明治初年ころに日本に渡来し,全国的に河原や海浜に群生していたが,現在ではアレチマツヨイグサなどに置き代わられてめっきり少なくなり,むしろ山間部に散見されるようになった。草丈は1.5m,花は黄色で径8cm内外,花柱がおしべより長い。…

※「オオマツヨイグサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オオマツヨイグサの関連キーワードユーゴ・マリー ド・フリースイロマツヨイ(色待宵)ツキミソウ(月見草)ド・フリース野草(植物)ド・フリースヨイマチグサ致死遺伝子ドフリース突然変異遺伝学四倍体越年草待宵草月見草宵待草傾性赤花

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オオマツヨイグサの関連情報