コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オカトラノオ

百科事典マイペディアの解説

オカトラノオ

日本,東アジアの丘陵地の日当りのよい草地にはえるサクラソウ科多年草。茎はまるく,高さ50〜100cm,基部はしばしば赤みを帯びる。葉は互生し,長楕円状披針形で長さ10〜20cm,幅2〜5cmで先はとがる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オカトラノオ【Lysimachia clethroides Duby】

山野の日当りのよい場所に普通に見られる高茎のサクラソウ科の多年草。丘のような場所に多いこと,白い花序を虎の尾に見立てたことから,和名がついた。地下茎は長く横にはう。地上茎は分枝せず直立し,高さ60~100cm,短い軟毛がまばらに生える。葉は互生し,長楕円形,長さ6~15cm,幅2~5cm,表面全体と裏面脈上に短毛がある。6~7月,茎の先に多数の花を密に総状につける。花序は直立せず,上部は傾き,長さ10~30cm,直径2~3cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オカトラノオ
おかとらのお / 岡虎尾
[学]Lysimachia clethroides Dub.

サクラソウ科の多年草。高さ40~60センチメートル、地下茎を横走して群生する。葉は互生、長楕円(ちょうだえん)形で両端がとがる。7月ごろ茎頂に花穂を出し、多数の白色5弁花が下から咲き上る。名は長い花穂をトラの尾に見立てたものである。山野の日当りのよい道端に生え、日本から中国にかけ広く分布する。湿性地には近縁のヌマトラノオ、クサレダマが生育する。栽培種として外来のヨウシュコナスビ(匍匐(ほふく)性)などもあり、この仲間はリシマキアと総称される。日本の風土にあってどれも栽培が容易である。[鳥居恒夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

オカトラノオの関連キーワードヌマトラノオノジトラノオリシマキア山野

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android