コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オキナワフグ オキナワフグ Chelonodon patoca

3件 の用語解説(オキナワフグの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オキナワフグ
オキナワフグ
Chelonodon patoca

フグ目フグ科。体長 20cmになる。沖縄では普通のフグ。体は小棘におおわれ,暗青緑色と淡色の網目状模様がある。鼻腔の前後に高い皮弁がある。マングローブ帯に多く,汽水域にも出現する。毒性は不明。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

オキナワフグ【Chelonodon patoca】

フグ目フグ科の海産魚。南西諸島以南からオーストラリア北部,アフリカ南東部にわたり広く分布する。全長は約20cm。体は背面が褐色を帯び,側面は銀白色で,腹面は白い。背側から体側にかけて無数の円形または卵円形の白色点が散在する。両眼間に暗色帯があり,体部背面から体側にかけても3条の暗色横帯がある。若年魚では頭部と体の側面に瞳孔大の淡色斑が数本の縦列をなす。鼻孔は開いていないで,高い葉状の突起をもつ。うきぶくろは腎臓形で後端がくぼんでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オキナワフグ
おきなわふぐ / 沖縄河豚
[学]Chelonodon patoca

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。沖縄以南の太平洋インド洋の熱帯域に広く分布。体色は背側が暗褐色で、多数の小円形白色斑(はん)が散在する。腹側下方を1本の黄色縦線が走る。全長は20センチメートルに達する。生殖腺(せいしょくせん)と皮膚、筋肉に毒がある。沖縄地方の沿岸の浅所でごく普通にみられる。幼魚は河口の汽水域にも生息する。食用とはされていない。[松浦啓一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オキナワフグの関連キーワードキタマクラフグ中毒草河豚箱河豚ナシフグフグ(河豚)コモンフグサバフグ(鯖河豚)トラフグ(虎河豚)ヒガンフグ(彼岸河豚)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone