オコナー(英語表記)O'Connor, Flannery

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オコナー
O'Connor, Flannery

[生]1925.3.25. ジョージア,サバナ
[没]1964.8.3. ジョージア,ミレッジビル
アメリカの女流作家。アイルランド系カトリック信者の家に生れ,1945年ジョージア州立女子大学,47年アイオワ州立大学修士課程修了。その後しばらくニューヨークに出ていたが,不治の病にかかり結局ジョージア州に戻り,ミレッジビルの農場に落ち着いて,激しい情熱にあふれた南部独特の宗教小説を書いた。主著は南部の田舎町を舞台にしたゴシック小説的な2作,『賢い血』 Wise Blood (1952) ,『烈しく攻むる者はこれを奪う』 The Violent Bear it Away (60) 。ほかに,短編集『善人は見出しがたし』A Good Man is Hard to Find (55) ,『起ることの一切は,一点に集中せねばならぬ』 Everything That Rises Must Converge (65) ,死後出版のエッセー集『神秘と風習』 Mystery and Manners (69) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

オコナー【O'Connor】

〔Feargus Edward O.〕 (1794~1855) イギリスのチャーチスト運動指導者。アイルランド出身。議員活動や機関紙発行などを通じて過激な運動を指導。オコンナー。
〔Flannery O.〕 (1925~1964) アメリカの小説家。グロテスクなイメージや設定を用いてアメリカ南部の宗教観を探る。代表作「善人はなかなか見つからない」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android