コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オシフィエンチム Oświęcim

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オシフィエンチム
Oświęcim

ポーランド南部,マウォポルスキェ県の都市。ドイツ語ではアウシュウィッツ Auschwitz。クラクフ西方約 50kmのウィスワ川沿いに位置する。都市の起源は古く,12世紀にはすでに重要な城塞町で,14世紀初めからはオシフィエンチム公国の首都となった。1457年ポーランド王国の一部となり,1772年第1次ポーランド分割の際オーストリア領となったが,1918年にポーランドに復帰。第2次世界大戦中の 1940年,郊外に最大のナチス強制収容所であるアウシュウィッツ収容所が建設された。ここで処刑された人の数は約 160万といわれる。1946年,その跡に記念の博物館が建てられ,1979年世界遺産の文化遺産に登録。人口 4万1946(2002)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オシフィエンチム
おしふぃえんちむ
Owicim

ポーランド南部、マウォポルスカ県の都市。第二次世界大戦中、郊外にユダヤ人強制収容所があったことで知られる。ドイツ語名アウシュヴィッツ。県都クラクフの西50キロメートルにあり、人口4万3586(2000)。町の起源はさだかではないが中世からの歴史をもつ。鉄道の結節点で、化学、皮革、農具製造などが行われる小工業都市。第二次世界大戦時の1940~45年、ナチスはここの強制収容所で110~150万人(その大多数がユダヤ人)を殺害した(犠牲者数は専門家による推計)。このためアウシュヴィッツの名はナチスのユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)を象徴することばとなった。
 13世紀以来、都市として発展し、1772年ポーランド第一次分割でオーストリアに帰属し、19世紀後半に工業都市となり、1919年ポーランドの独立回復に伴ってポーランドに復帰した。第二次世界大戦が始まると、1939年ドイツ軍に占領された。40年ナチスの親衛隊(SS)はここに強制収容所を設けるが、翌41年ヒトラーがユダヤ人問題の「最終的解決」を命じると、これを受けて大量殺害施設として拡大された。この場所が選ばれた第一の理由は、ヨーロッパのドイツ占領地域のほぼ中央に位置し、鉄道網の結節点であったことにある。以後45年1月ソ連軍に解放されるまで、全ヨーロッパからつれてこられたユダヤ人をはじめ、ポーランド人、ロシア人、ロマ(かつてはジプシーとよばれた)、政治犯など多数の人々が殺害された。収容された人々は綿密な輸送計画に従って各地から集められ、強壮なものは強制労働収容所へ、その他は絶滅収容所へと選別され、ガス室で殺害、焼却された。彼らの衣料は軍需工場の外国人強制労働者に配布され、金銀宝石類はライヒスバンク(ドイツ国立銀行)に送られた。このような計画的虐殺が行われたことにナチズムの本質、戦争のもたらす狂気の極限をみることもできよう。収容所跡は1979年に世界遺産の文化遺産(世界文化遺産)として登録され、国立のアウシュヴィッツ‐ビルケナウ博物館として保存されている。[吉田輝夫]
『R・ヘス著、片岡啓治訳『アウシュヴィッツ収容所――所長ルドルフ・ヘスの告白遺録』(1972・サイマル出版会) ▽プリーモ・レーヴィ著、竹山博英訳『アウシュヴィッツは終わらない』(1980・朝日新聞社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオシフィエンチムの言及

【アウシュビッツ】より

…ポーランド南部,ビエルスコ・ビャーワ県の工業都市オシフィエンチムOświęcimのドイツ名。クラクフの西53kmにあり,人口4万6000(1985)。…

※「オシフィエンチム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オシフィエンチムの関連キーワードコルベ(Maksymilian Kolbe)カジミエシ4世ヤギェロンチクアウシュヴィッツ平和博物館アウシュビッツ強制収容所ビェルスコビャワダークツーリズムシュレージエンポーランド史ドイッチャーアンネの日記シュタイン国際人権法ケルテースコルベレネ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オシフィエンチムの関連情報