コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オダマキ Aquilegia flabellata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オダマキ
Aquilegia flabellata

キンポウゲ科の多年草で,鉢植や切り花用に栽培される。茎は高さ 20~40cm,葉は2回または3回3出複葉で,小葉はさらに2,3裂し,各裂片は扇形をなす。白粉を帯びた緑色である。5~6月頃,茎の上部に枝を出し鮮かな青紫色,ときには白色の美しい花をやや下向きにつける。萼片は5枚で花弁状になっている。花弁も5枚で基部は下方に伸長し,先が鉤状に曲って距となっている。本州中部以北の高山に生えるミヤマオダマキ (深山苧環) が原種とも考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

オダマキ

日本で古くから観賞用に栽培されるキンポウゲ科の多年草。おそらく北海道,本州中北部の高山に自生する矮(わい)性のミヤマオダマキを育成したものといわれる。葉は3出葉で,小葉は3深裂し,粉白色を帯びる。
→関連項目ヤマオダマキ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オダマキ【Aquilegia flabellata Sieb.et Zucc.】

日本で古くから庭に植えられるキンポウゲ科の多年草(イラスト)。オダマキの名は,その花容が苧環(おだまき),すなわち紡ぎ糸を巻く糸巻きの形に似るところから名付けられた。オダマキ属Aquilegiaの英名columbineはハト(鳩)の意で,その花容をハトが飛ぶ姿に見立てたものであろう。根茎直立分岐し,根生葉叢生(そうせい)する。根生葉は越冬し,2回3出複葉,小葉身は浅裂するが鋸歯はない。裏面は白色を帯びる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オダマキ
おだまき / 苧環
[学]Aquilegia flabellata Sieb. et Zucc.

キンポウゲ科の多年草。日本原産種。茎は高さ20~50センチメートル、平滑な円柱で直立し、よく分枝する。根出葉は長い柄をもつ3出複葉で、小葉は短い柄をもち深く3裂する。5月、茎頂に径3~4センチメートルの青紫、淡紫、まれに白色花を数花、下向きにつける。茎、葉ともに特有の白粉で覆われた緑色。萼(がく)、花弁ともに5枚。オダマキの名は、花の形が、紡いだ麻糸を中をからにして丸く巻いた苧環(おだまき)、または苧玉(おだま)に似ていることからつけられたが、花弁のようにみえるのが卵形の萼で、花弁は長楕円(ちょうだえん)形で上部は白に近い淡黄色、基部は距(きょ)となって内側に曲がる。雌しべは5本、雄しべは多数。庭園用、鉢植えのほか切り花用として栽培される。本州中部地方以北の高冷地、北海道に自生する変種のミヤマオダマキ(深山苧環)var. pumila Kudoから、本種がつくられたと考えられている。日本にはほかにヤマオダマキが自生する。寒地はもとより暖地でも栽培は容易で、冬越しより夏の暑さに注意し、適湿を保ち、半日陰または西日の早く落ちる所がよい。繁殖は春の株分けのほか実生(みしょう)もできるが、秋播(ま)きでは翌年開花しない。最近切り花や花壇用につくられるセイヨウオダマキは、一般にアクィレジアとよばれ、花色が豊富で、高性から矮性(わいせい)種まであり、よく栽培される。12月から翌年の1月に温室で育て、早春に出荷できるので、営利栽培に有利な栽培種である。[魚躬詔一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オダマキの関連キーワードミヤマオダマキ(深山苧環)セイヨウオダマキアクィレジアアキレジアヒメウズ金鳳花科受胎告知糸繰り耬斗菜金鳳花苧環草紫苧環糸繰草花壇糸繰

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オダマキの関連情報