コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オナガザメ

4件 の用語解説(オナガザメの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

オナガザメ

オナガザメ科の魚の総称。地方名ネズミブカ。日本近海にはマオナガ,ニタリ,ハチワレの3種がいる。いずれも尾がはなはだ長く,マオナガ,ハチワレは全長6mに及ぶ。本州中部以南の暖海に分布し,かまぼこなど練製品の原料。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

オナガザメ

ネズミザメ目オナガザメAlopiidaeに属する海産魚の総称。その名のとおり長い尾びれをもつ。日本近海にはマオナガAlopias vulpinus(イラスト),ニタリA.pelagicus,ハチワレA.superciliosusの3種がいる。3種とも全世界の暖海部に分布するが,マオナガとニタリは沿岸の表層域,ハチワレは外洋の深海域に生息する。体長とほぼ同長の尾びれがあるのが特徴。大きさはマオナガ,ハチワレが6mくらい,ニタリは4mほどになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オナガザメ
オナガザメ

マオナガ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オナガザメ
おながざめ / 尾長鮫
thresher shark
[学]Alopias spp.

軟骨魚綱サメ目オナガザメ科に属する海水魚。この科のサメは、体の半分もあるきわめて長い尾びれにより容易にほかのサメ類と区別できる。オナガザメ類は卵胎生であるが、そのなかでも「卵食性」oophagyというきわめて特異な生殖方法をとっている。つまり、母体内である程度の大きさになるまでは自分のもつ卵黄で成長し、その後は卵巣から未受精卵が子宮に供給され、胎仔(たいし)はその卵を食べて成育する。一度に産まれる数は1~3尾と少ないが、母体内で摂餌(せつじ)を行っているため、産まれた仔魚はすでに熟練した捕食者というわけである。産まれた仔魚は全長1~1.5メートルである。オナガザメは小魚やイカの群れをみつけるとその周囲を泳ぎ、長い尾で水面をたたいて脅し、しだいに泳ぎの輪を縮めて餌(えさ)となるものを凝縮した群れにしてから襲いかかるというたいへん興味ある習性がある。属名Alopiasは「キツネ」の意味で、尾が長いところから由来している。全世界に3種のオナガザメがいるといわれ、その全種が日本近海から知られている。ハチワレA. superciliosusは、太平洋、インド洋、大西洋の熱帯海域に分布し、目が非常に大きく、しかも上方を向いていること、その名のとおり後頭部から胸びれ上方にかけて溝があり、頭上からみれば「八」の字にみえることなどにより特徴づけられる。全長4.5メートルになる。ニタリA. pelagicusとマオナガA. vulpinusは、体側に位置した小さな目をもつことで似ているが、前者は第1背びれや胸びれの先端が丸みを帯び、後者ではとがっているなどの差がある。ニタリは台湾産の標本に基づいて新種として発表されたものであるが、3種のなかではもっとも未知の種である。いずれも延縄(はえなわ)などで漁獲され、肉に臭味が少ないので上等の練り製品の原料となる。[仲谷一宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オナガザメの関連キーワードホオジロザメ姥鮫尾長鮫撞木鮫奴智鮫鼠鮫虎鮫ホシザメモウカザメネズミザメ(鼠鮫)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone