コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オナガザル オナガザル Cercopithecus; guenon

4件 の用語解説(オナガザルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オナガザル
オナガザル
Cercopithecus; guenon

霊長目オナガザル科オナガザル属の動物の総称で,十数種から成る。体長 30~65cm。尾長は体長より長いが,尾で物をつかむことはできない。四肢も長い。体色は灰黒色から暗緑色,赤褐色までさまざまで,種によって変異が大きい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オナガザル

霊長目オナガザル科のオナガザル属および周辺の数属の総称として,熱帯アフリカにすむ尾の長いサル一般をいう。サバンナモンキー,ブラザモンキー,ロエストグエノンなど。
→関連項目サル(猿)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

オナガザル

広義にはオナガザル科を,コロブス亜科と対比させるときにはオナガザル亜科を,また狭義にはオナガザル属(グエノン)を指す。オナガザル上科Cercopithecoideaはいわゆる旧世界ザル(=狭鼻猿類)を指す分類群で,オマキザル上科およびヒト上科とともに真猿亜目を構成する。オナガザル科Cercopithecidae1科よりなり,オナガザル亜科Cercopithecinaeとコロブス亜科Colobinaeに分けられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オナガザル
おながざる / 尾長猿

広義には、哺乳(ほにゅう)綱霊長目オナガザル科に属する動物をさし、狭義にはそのうちのオナガザル亜科をさす。同科Cercopithecidaeのサル類は、サハラ砂漠を除くアフリカと、アラビア半島の狭域、パキスタン以東のアジアに分布し、旧世界ザルともいう。

で合計32本というヒトと同じ歯式で、臀だこがある点で中央・南アメリカのオマキザル上科Ceboideaと区別され、尾がある点でヒト上科Hominoideaと区別される。オナガザル科は、オナガザル亜科Cercopithecinaeとコロブス亜科Colobinaeに大きく二分され、普通、前者をオナガザルとよぶ。オナガザル亜科は、アフリカの森林にすむオナガザル属Cercopithecusとマンガベイ属Cercocebus、おもにサバンナと森林にすむヒヒ属Papio、アジアに分布するマカック属Macacaの4グループに大別され、いずれも頬(ほお)袋がある点でコロブス亜科と区別される。多くの種はずんぐりとした体格で、食性は比較的幅広く、植物性食物を中心に、昆虫や鳥の卵も食べ、とくにヒヒはレイヨウの幼獣やウサギをとらえて食べることがある。
 オナガザル属とマンガベイ属の種は樹上性で、小形の単雄群をつくる例が多いが、ヒヒ属とマカック属は地上性の傾向が強く、大形の複雄群をつくる。前の二者は、特定の雌雄間の結合を永続化しようとし、後の二者は一つの集団に個体をより多く収容しようとするという、一見相反する方向に進化してきたとみることができるが、両者とも雌は自分が生まれた群れを離れず、雄が離れる。つまり群れは母系集団であるという点で共通性がある。群れを離脱した雄は、他の群れに接近してその雌と性関係をもったり、それに加入して数年間を過ごす。このような社会の形態は、雌が生まれ育った出自集団を離れるショウジョウ科Pongidaeの社会とは対照的である。多くの種は群れという単層の構造をもつにすぎないが、ゲラダヒヒTheropithecus geladaとマントヒヒPapio hamadryasの2種は、それより上位または下位の構造をもつ。つまり重層的な社会構造が認められる点で注目される。なお、もっとも狭義には、「オナガザル」の語はオナガザル属をさすが、混乱を避けるため、オナガザル属はグエノンとよぶほうがよい。[川中健二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オナガザルの関連キーワード旧世界ザルテングザル尾長猿コロブス台湾猿コロブスモンキードゥクモンキーオナガザル亜科オナガザル科コロブス亜科

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オナガザルの関連情報