コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オニク

3件 の用語解説(オニクの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

オニク

キムラタケとも。ミヤマハンノキの根に寄生するハマウツボ科の一年草。本州中部以北,北海道の高山にはえ,東アジアカムチャツカに分布。高さ20cm内外,茎は暗紫色,肉質で太く,直立し,淡黄褐色で鱗片状の葉を密生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

オニク【Boschniakia rossica (Cham.et Schltdl.) Fedtsch.】

ミヤマハンノキの根につくハマウツボ科の寄生植物イラスト)。茎は多肉質の太い円柱形の暗紫色で,円柱形の花穂に多数の花をつける。茎は直立して高さ15~30cm,密に黄色の狭三角形の鱗片葉で包まれる。夏,全長の1/2ほどの長さの花穂に,多数の暗紫色の花をつける。黄色の苞葉のわきに1花ずつつき,萼は杯状で不ぞろいに5裂する。花冠は筒部がつぼ状にふくらんだ唇形。おしべは4本で,花柱と共に花冠の外へ伸びる。蒴果(さくか)は卵形,多数の小さな種子がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オニク
おにく / 御肉
[学]Boschniakia rossica (Cham. et Schitdl) Fedtsch. et Flerov

ハマウツボ科の多年草。別名キムラタケ。日本ではミヤマハンノキの根に寄生する。茎は高さ15~30センチメートル、暗褐色で太く、黄褐色の鱗片葉(りんぺんよう)が密生する。7~8月、茎の上半部に穂状をなし、暗紅紫色の唇形花を開く。中部地方以北の本州、北海道の亜高山帯から高山帯の林内に生え、アジア北部から北アメリカに分布する。名は、中国西北部産の肉(にくじゅうよう)Cistanche salsa (C. A. Mey) Benth. et Hook.にあてて用いたことによる。キムラタケは金精茸(たけ)の意味で、全草を乾燥したものを和肉蓉と称し、古くから強壮、強精薬として珍重された。オニク属は萼(がく)が杯状で合着し、不規則に5裂する。1属1種である。[高橋秀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オニクの関連キーワードウツボ加知山藩御肉南蛮ギセル浜靫深山榛の木大和靫山靫山榛の木

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オニクの関連情報