コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オノサト・トシノブ おのさととしのぶ

百科事典マイペディアの解説

オノサト・トシノブ【おのさととしのぶ】

画家。長野県飯田市生れ。本名小野里利信。青楓洋画塾に学ぶ。1935年グループ〈黒色〉結成。1937年自由美術家協会設立に参加。1942年応召,シベリア抑留をへて1948年帰国。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オノサト・トシノブ
おのさととしのぶ
(1912―1986)

洋画家。長野県飯田市に生まれる。本名小野里利信。10歳から群馬県桐生(きりゅう)市に住む。1931年(昭和6)津田青楓(せいふう)洋画塾に学び、35年二科展に初入選し、同志と黒色洋画展を結成する。37年自由美術家協会の創立に参加し、純粋抽象画を制作(1956年退会)。第二次世界大戦に応召、シベリアに抑留され、48年(昭和23)帰国。56年「世界・今日の美術」展に出品、63年日本国際美術展で『相似』により最優秀賞を受ける。グッゲンハイム国際展、ベネチア・ビエンナーレ展ほか多くの海外展にも出品し、その抽象芸術は、高い評価を受ける。[小倉忠夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

オノサト・トシノブ

生年月日:1912年6月8日
昭和時代の洋画家
1986年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

オノサト・トシノブの関連キーワードオノサト トシノブ高崎市美術館須玉美術館生年月日津田青楓

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android