オペラ・ブッファ(英語表記)opera buffa

翻訳|opera buffa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オペラ・ブッファ
opera buffa

18世紀に栄えたイタリア風の喜歌劇。 G.B.ペルゴレージの『奥様になった女中』 (1733) は,この分野最初の典型的作品である。オペラ・セリアに比べて題材,形式ともに自由で笑劇的筋立てのなかに感傷的,抒情的要素を交える。のちのモーツァルトの『フィガロの結婚』『ドン・ジョバンニ』やロッシーニの『セビリアの理髪師』もこのジャンルの名作。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オペラ・ブッファ
おぺらぶっふぁ
opera buffaイタリア語

18世紀に生まれた喜劇的オペラ。従来のオペラの幕間(まくあい)に上演された音楽喜劇「インテルメッツォ」から発展し、独立したもので、オペラ・ブッファの登場により、従来のオペラはオペラ・セリアとよばれるようになった。場面をつなぐレチタティーボやアンサンブルによるフィナーレが重要視され、バスの役が加わったことなどに大きな特徴がある。18世紀中葉以降、パイジェッロ、チマローザらの活躍によってオペラ・セリアをしのぐほどの人気を得、19世紀初頭のロッシーニの諸作で最盛期を迎えた。しかし、ドニゼッティのころから叙情的な要素が強くなり、19世紀中葉にはブッファ的要素はオペラ・セリアのなかに吸収されて、オペラ・ブッファはほとんど姿を消した。[今谷和徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオペラ・ブッファの言及

【イタリア音楽】より

…その後オペラは,マントバの宮廷に引き継がれ(モンテベルディ作曲《オルフェオ》など),1637年にベネチアに公開劇場が作られてからは,同市やローマ,次いでナポリなどで,市民の芸術として隆盛をきわめた。18世紀前半のナポリでは,従来のような神話劇,歴史劇としてのオペラのかたわらに,現代喜劇としてのオペラが成立して発展し,前者はオペラ・セーリア(重厚なオペラの意),後者はオペラ・ブッファ(ふざけたオペラの意)と呼ばれるようになった。 またこの時代には,オペラの独唱場面に近いような構成のカンタータや,1場景だけのオペラともいえるセレナータなども多く作られた。…

【オペラ】より

…その流れを汲むイタリアのオペラ・セーリアopera seria(正歌劇)やフランスのトラジェディ・リリックtragédie lyrique(抒情悲劇)は,古典的な格調の高さにおいて高度の様式美を維持しながら,社会の上層部,支配階級と結びついて発展した。18世紀以降は,これに対して,イタリアではオペラ・ブッファopera buffa(道化オペラの意),フランスではオペラ・コミックopéra comique(喜歌劇,のちにはせりふを含むオペラを意味する),イギリスではバラッド・オペラballad opera(俗謡オペラ),ドイツではジングシュピールSingspiel(歌芝居)など,より庶民的な性格の強いオペラのタイプが興ったが,それらに共通するのは,正歌劇や抒情悲劇の貴族性と形式ばった様式に対する反動とパロディの精神であった。つづく19世紀には,作品の規模,壮大な舞台効果,シリアスな情緒において,かつてない高みに登ろうとした〈グランド・オペラgrand opéra〉に対して,再び庶民的な気軽さと息抜きを求めるオペレッタが興った。…

【ペルゴレーシ】より

…代表作にはインテルメッツォ《奥様になった女中La serva padrona》(1733)と宗教歌曲《スタバト・マーテル》(1736)がある。オペラ・セリア《尊大な囚人》のこっけいな幕間狂言として作曲された《奥様になった女中》は,大好評を博したために独立した作品として上演されるようになり,オペラ・ブッファの初期の例となった。また1752年のパリ公演後,この作品を支持する派と反対派が王妃派と国王派に分かれて,〈ブフォン論争〉として知られるイタリア・オペラかフランス・オペラかの論争を54年まで繰り広げた。…

※「オペラ・ブッファ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オペラ・ブッファの関連情報