コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オランジュリー美術館 オランジュリーびじゅつかんMusée de l'Orangerie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オランジュリー美術館
オランジュリーびじゅつかん
Musée de l'Orangerie

フランス,パリにある美術館。セーヌ川右岸にあるチュイルリー公園の西南に位置する。クロード・モネの連作『睡蓮』8点がモネの指示に従って 2室に分けて展示されている。楕円形の 2室の天井はガラス張りで,自然光が差し込む。現代フランス美術のよき理解者であったジャン・ワルテールとポール・ギヨームが 1960~63年に寄贈した,ポール・セザンヌピエール=オーギュスト・ルノアール,パブロ・ルイス・イ・ピカソ,アメデオ・モジリアニアンリエミール=ブノア・マチス,アンドレ・ドラン,モーリス・ユトリロ,ハイム・スーティンなどの作品 144点は地下に常設展示されている。2000~06年に大規模な改修工事が行なわれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

オランジュリー‐びじゅつかん〔‐ビジユツクワン〕【オランジュリー美術館】

Musée de l'Orangerie》パリのチュイルリー公園内にある国立美術館。オランジュリーは「オレンジの温室」の意で、建物がチュイルリー宮殿に付属する温室だったことに由来する。モネの「睡蓮」が展示されていることで有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オランジュリー美術館
おらんじゅりーびじゅつかん
Muse de l'Orangerie

フランス、パリのチュイルリー庭園西南端にある国立美術館。モネ畢生(ひっせい)の大作『睡蓮(すいれん)』で名高い。美術館の建物は第二帝政期(1852~70)にオレンジの木を越冬させる温室「オランジュリー」として建設されたものである。1階の二つの楕円(だえん)形をした大きな部屋の壁は、8点の巨大な帯状パネルからなるモネの『睡蓮』が飾られている。晩年のモネが86歳で他界するまでジベルニーの屋敷で制作し続けた大作である。1922年、オランジュリーでの展示方法を示した図面を承認したモネは政府に自作を寄贈する契約を結び、27年モネが亡くなった半年後に『睡蓮』の壁画が正式にオランジュリーで展示された。2階に上ると印象派後期からエコール・ド・パリの傑作を集めたワルテール‐ギヨーム・コレクションを見ることができる。ポール・ギヨームPaul Guillaume(1891―1934)はモディリアニ、スーチンらを世に送った画商で、ドランとも契約していたことで知られる。彼が早世すると、未亡人ジュリエット(通称ドメニカ)Juliette(1898?―1977)は、建築家で鉱山開発をも手がけた実業家ジャン・ワルテールJean Walter(1883?―1957)と再婚し、美術品の収集を続けた。ジュリエットは、ギヨームの遺志を尊重して、フランス政府にコレクションを譲渡することを決め、ジュリエットの死後、1984年から常設展示されている。[吉川節子]
『吉川逸治編『ルーヴルとパリの美術8 パリの美術館』(1988・小学館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オランジュリー美術館の関連キーワードモネ(Claude Monet)スーチン

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オランジュリー美術館の関連情報