コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オランジュリー美術館 オランジュリーびじゅつかん Musée de l'Orangerie, Paris

3件 の用語解説(オランジュリー美術館の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オランジュリー美術館
オランジュリーびじゅつかん
Musée de l'Orangerie, Paris

フランス,パリにある美術館チュイルリー公園をはさんで旧印象派美術館の反対側に位置する。モネの連作『睡蓮』 19点をモネの指示に従って2室に分けて展示するほか,現代フランス美術のよき理解者であった J.ワルターと P.ギョーム寄贈 (1960~63) のセザンヌルノアールピカソモジリアニマチス,A.ドランユトリロ,C.スーティンなどの作品約 140点を 1984年に整備された2階展示室に収蔵する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オランジュリー‐びじゅつかん〔‐ビジユツクワン〕【オランジュリー美術館】

Musée de l'Orangerie》パリのチュイルリー公園内にある国立美術館。オランジュリーは「オレンジの温室」の意で、建物がチュイルリー宮殿に付属する温室だったことに由来する。モネの「睡蓮」が展示されていることで有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オランジュリー美術館
おらんじゅりーびじゅつかん
Muse de l'Orangerie

フランス、パリのチュイルリー庭園西南端にある国立美術館。モネ畢生(ひっせい)の大作『睡蓮(すいれん)』で名高い。美術館の建物は第二帝政期(1852~70)にオレンジの木を越冬させる温室「オランジュリー」として建設されたものである。1階の二つの楕円(だえん)形をした大きな部屋の壁は、8点の巨大な帯状パネルからなるモネの『睡蓮』が飾られている。晩年のモネが86歳で他界するまでジベルニーの屋敷で制作し続けた大作である。1922年、オランジュリーでの展示方法を示した図面を承認したモネは政府に自作を寄贈する契約を結び、27年モネが亡くなった半年後に『睡蓮』の壁画が正式にオランジュリーで展示された。2階に上ると印象派後期からエコール・ド・パリの傑作を集めたワルテール‐ギヨーム・コレクションを見ることができる。ポール・ギヨームPaul Guillaume(1891―1934)はモディリアニ、スーチンらを世に送った画商で、ドランとも契約していたことで知られる。彼が早世すると、未亡人ジュリエット(通称ドメニカ)Juliette(1898?―1977)は、建築家で鉱山開発をも手がけた実業家ジャン・ワルテールJean Walter(1883?―1957)と再婚し、美術品の収集を続けた。ジュリエットは、ギヨームの遺志を尊重して、フランス政府にコレクションを譲渡することを決め、ジュリエットの死後、1984年から常設展示されている。[吉川節子]
『吉川逸治編『ルーヴルとパリの美術8 パリの美術館』(1988・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オランジュリー美術館の関連キーワードイルドフランスギメ美術館グラースクリーブランド美術館サロン・デ・チュイルリーパリ装飾美術館フリーア美術館チュイルリー公園テュイルリー公園センチュリーミュージアム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オランジュリー美術館の関連情報