コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オリゴマー oligomer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オリゴマー
oligomer

一般に,分子量が1万以下の低重合体をいうが,その範囲は明確なものではない。オリゴマーは低分子高分子の中間の性質をもち,現在までに種々の液状または固体のオリゴマーが合成されている。オリゴマーは塗料,接着剤,潤滑剤,可塑剤,化粧品などの各種用途のほか,合成原料としても使われている。

オリゴマー
oligomer

蛋白質の完成した1分子が数個のサブユニットから成る場合に,サブユニットの各1個をプロトマーといい,完成した蛋白質分子をオリゴマーという。たとえば,ヘモグロビンの場合,各2個ずつのα鎖およびβ鎖はプロトマーであり,2個ずつのαおよびβが α2β2 の形に組合わさったものがオリゴマーである。同一のオリゴマーは,周囲の条件および結合する分子によって,わずかずつ異なる立体構造をとることが可能で,これをその蛋白質の四次構造という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

オリゴマー

 いくつかの高分子の単位(例えばタンパク質),もしくは低分子の単位(単糖,ヌクレオチドアミノ酸)が結合したもの.構成する単位の数によってダイマー,トリマー,テトラマーなどといい,オリゴマーはこれが数個までのもの.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オリゴマー【oligomer】

高分子化合物の生成反応において,原料のモノマー(単量体)から生成するポリマー(重合体)のうち,比較的重合度の低いものをいう。オリゴマーを定義する明確な重合度があるわけではないが,一般に二量体,三量体から分子量1000程度のものを指す。オリゴマーには高重合度のポリマーとは異なる用途があり,たとえばプロピレンのオリゴマーは界面活性剤の原料として用いられている。【井上 祥平】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

オリゴマー【oligomer】

重合体のうち、比較的に重合度の低いもの(反復数が二~二〇程度で分子量が一〇〇〇程度)。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オリゴマー
おりごまー
oligomer

単量体(モノマー)が低い程度に重合してできた重合体で、分子量は1000以下のものをいう。高分子化合物がその機械的強度などの実用的性質を示すためには、分子量が少なくとも数万程度以上を必要とする。オリゴマーは高分子物質の性質を示さず、一般の有機化合物と同じように減圧蒸留分離も可能である。重合反応を、四塩化炭素のような連鎖移動がおこりやすい溶媒中で行うと、極度に低いオリゴマーを生成させることができる。このようなビニル重合の一方法をテロメル化(短鎖重合)といい、用いられる連鎖移動剤をテローゲン、単量体をタキソーゲン、生成したオリゴマーをとくにテロマーという。このテロマーを減圧蒸留で分離して、各種工業製品の原料としている。[垣内 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オリゴマーの関連キーワードアルツハイマー型認知症生体膜マイクロドメイン高分子ポリマーポリスチレンシャペロニンリゾチーム石油樹脂解重合酵素補説