コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルギン オルギン Holguín

4件 の用語解説(オルギンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルギン
オルギン
Holguín

キューバ東部の都市。大西洋岸から約 30km内陸のゆるやかに起伏する平野にある。メキシコ征服に加わった H.オルギンによって 16世紀前半に建設された。十年戦争 (1868~78) ,キューバ独立戦争 (95~98) の際,反乱の拠点となり,大きな被害を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オルギン

キューバ東部の都市。植民地時代からタバコ栽培,牧畜業の中心として発達。北北東30kmのヒバラを外港とし,革命後の都市計画によって工業化が進んでいる。キューバ最大の総合病院の一つレーニン病院がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

オルギン【Holgín】

キューバ東部の同名州の州都。人口は24万2085(1994)。植民地時代からタバコと牧畜業の中心地として発達し,1868年に始まった十年戦争(キューバの第1次独立戦争)では反乱軍の中心地となった。革命後は都市計画によってまったく新しい都市に生まれ変わり,周辺の工業地帯などによってキューバの重要都市となりつつある。同市にあるレーニン病院はキューバでも最大の病院の一つである。【加茂 雄三】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オルギン
おるぎん
Holguin

西インド諸島、キューバ東部にあるオルギン州の州都。人口30万3389(1999)。肥沃(ひよく)な農業地帯を後背地としたタバコ、サトウキビ、コーヒー、トウモロコシなどの集散地で、農産加工、製材、家具製造などの伝統的工業も発達している。19世紀の独立戦争の中心地で、市街にはコロニア(植民地)風の建築物が残っている。北部の外港ヒバラとは鉄道で連絡する。なおオルギン州北部には年産13万トンのニッケル鉱山があり、ニイペ港が積出し港となっている。[栗原尚子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オルギンの関連キーワードグアンタナモシエンフエゴステレジナマガダンマタンサスエヌグウリヤノフスクニューヨーク[州]サンチアゴ・デ・クーバピナル・デル・リオ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オルギンの関連情報