コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オンラインシステム オンライン システム

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

オンラインシステム

ネットワーク経由でサービスの提供や業務を処理するシステムのこと。インターネットで提供されている情報検索サイトやオンラインショッピングなど、オンラインで提供されるサービスはオンラインシステムを利用したもの。一般的には、銀行のキャッシュディスペンサー、交通機関のチケット発券システム、公共機関の情報管理システムなどの業務システムを指して使われることが多い。業務用のオンラインシステムとしては、受発注管理、顧客管理、在庫管理システムなど、さまざまなものがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オンラインシステム【on‐line system】

コンピューターの利用形態の一つ。例えば利用者が処理要求やデータを,端末装置などを使って,途中に他の人手を介さずに通信回線などを通して直接コンピューターに入力し,またその処理結果を必要とする個所に直接出力することができるシステムをいう。一般的には直接入力を行い出力を受けるものは,利用者だけでなく計測器(センサー),機械,別のコンピューターであってもよく,これらはコンピューターと通信回線により結合されていて,遠隔地にあることも多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

オンラインシステム【on-line system】

オン-ラインで情報の処理ができるシステム。遠隔地の端末装置で直接に中央処理ができる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オンラインシステム
on-line system

入出力端末装置がコンピュータの中央処理装置に直結されて制御を受ける処理方式。中央のコンピュータに集約された情報がデータの入力と同時に常に最新の状態で管理される (リアルタイム処理 ) 。1台のコンピュータで2つ以上の処理を時間分割して交互に実行するタイムシェアリング方式を広義でのオンラインシステムと呼ぶこともある。実際の利用法は各工場,支店,事務所などと本社にある中央のコンピュータをデータコミュニケーション・システムで直結し,各工場,支店,事務所にある端末機からの発生データを電信,電話線を通じて直接投入して処理する。この際,データの伝送,データの処理,そのフィードバックなどが一貫した体系として組織されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オンラインシステム
おんらいんしすてむ
on-line system

コンピュータと直結して情報処理を行う方式、またその装置全体をいう。オンラインとはもともと中央処理装置と直接結んで動作することをいい、オフライン動作と対をなす概念である。とくにオンラインシステムとよぶ場合は、銀行の窓口業務や、列車の座席予約兼乗車券発売業務のように、実務の現場に置かれた端末装置が中央のコンピュータと直結し、中央に集約された情報を直接取り出したり、また現場の情報を中央に直接送ったりするシステムのことをさす。この場合オンラインシステムの特徴は次のようになる。
(1)現場に何台かの端末装置を設置し、それらが通信回線を介して中央処理装置と接続可能になっていること。端末装置の機構は、銀行の現金自動預金支払機のような特殊用途のものから、汎用(はんよう)のワークステーションとかデータターミナルとよばれるものまで多種多様である。現場と中央処理装置との間の距離は、何百キロメートルも離れていてもよい。
(2)即時処理であること。中央のコンピュータに集約された情報(これをファイルとよぶ)は、業務の遂行に伴って、つねに最新の状態を保つ必要がある。端末からの指示に従って、情報は即座に更新され、端末からの要求に従って、最新の情報を端末に知らせなければならない。
 以上の機能を果たすために、オンラインシステムの設計・開発は、一般の一括処理(いわゆるバッチ処理、すなわち単独で働くプログラムの実行)のプログラムを開発する場合とは異なる配慮が必要となる。たとえば、中央処理装置からみた端末装置との情報のやりとりが、一般の入出力装置との間の情報のやりとりと変わらないように、プログラムを作成できることが望ましい。また、中心となるファイルに対して、多数の端末から内容の書換え要求がくるので、同じファイルに対して同時に2か所以上の端末から書込みを行ったり、書込みの最中にファイルの読出しを行ったりしないように、タイミングの制御に十分気をつける必要がある。また、不用意に書込みを行って重要な情報の記録を壊してしまわぬように、入力のチェックを厳重にする必要がある。また情報の機密保護の問題も考慮しなくてはならない。さらに、不慮の故障に備えて、いつでも原状を回復できるように、予備のファイルと書換えの記録を別に保存する形に設計を行う習わしである。これをバックアップ‐リカバリー機能とよんでいる。
 なお、対話形式でコンピュータと接続して、プログラム開発をしたり、一括処理のプログラムを起動したりする、いわゆるタイムシェアリング・システム(TSS)は、形態としてはオンラインであるが、狭義のオンラインシステムには含めないのが普通である。[小野勝章]
『日本電気情報処理教育部編『オンライン・システム設計入門』(1977・日本能率協会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオンラインシステムの言及

【データ通信】より


[広義のデータ通信]
 データ通信回線のみならず,コンピューターによる情報処理を含めてデータ通信サービスと呼ぶこともあり,このための設備はデータ通信設備と呼ばれる。これが広義のデータ通信であり,この概念にはオンラインシステム,タイムシェアリングシステムが含まれる。 オンラインシステムの歴史はアメリカ空軍の防空システムSAGE(セージ)(semi automatic ground environmentの略)に始まる。…

※「オンラインシステム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オンラインシステムの関連キーワードフォールトトレラント・コンピュータマルチメディアステーションオンラインリアルタイム処理コンピュータ・ネットワークインテリジェントターミナルヒューマンテクノシステムナチュラル・ランゲージタイムシェアリング処理ミッションクリティカルトランザクション処理国税総合管理システムデータ伝送端末装置バンキングシステムキーボードプリンタリモート・バッチ分散処理システムヤマト運輸[株]年金情報流出問題タイムレコーダーエンゲルバート

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オンラインシステムの関連情報