コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オートジャイロ autogiro

翻訳|autogiro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オートジャイロ
autogiro

ヘリコプタと同じく回転翼 (ロータ) によって揚力を発生する回転翼航空機の一種。外観もよく似ているが,ヘリコプタが動力によって回転翼を駆動するのに対し,オートジャイロは回転翼と動力が直結しておらず,プロペラで前進したときに生ずる風力によって自動的に回転翼が回り,揚力を得て浮揚する。このためヘリコプタのような空中停止 (ホバリング ) はできない。また垂直離着陸もできないが,離着陸のための滑走距離が非常に短い点や,低速でも安定して飛べるのが特色。今日ではレジャー,スポーツ用としての利用が多い。スペインのフアン・ド・ラ・シエルバによって発明され,1923年に初飛行した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

オートジャイロ(autogiro)

航空機の一。ヘリコプターに似るが、回転翼は前進するさいの風力によって動かし、揚力を得る。垂直上昇や停止飛行はできない。ヘリコプター以前に発明され、現在は主にスポーツ用。ジャイロプレーン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

オートジャイロ

機体の前進にはふつうのプロペラを用い,前進によって流入する空気流で回転翼を回して揚力を得る航空機。1924年スペインの航空技術者シエルバが発明,1930年代に観測用に使用された。
→関連項目回転翼航空機

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オートジャイロ【autogyro】

自由に回転する(言い換えれば動力駆動ではない)回転翼によって揚力を得る航空機。ジャイロプレーンgyro planeと呼ばれることもあるが,ジャイロプレーンは元来はオートジャイロの一商標名である。オートジャイロは,機体の重心付近の上部に自由に回転する回転翼をもち,この回転翼は,初めに手でちょっと回しておくと,機体の前進とともに回転面が若干後方に倒れて下方から空気が流入するので,自然に回転し続ける(オートローテーション)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

オートジャイロ【autogiro】

プロペラで推進力を得、その際の風力で機体上部の回転翼を回して揚力を得る航空機。ヘリコプターが発明されてからは使われない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オートジャイロ
おーとじゃいろ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオートジャイロの言及

【ハイブリッド航空機】より

…ハイブリッドとはあいのこ(雑種)の意味。上述の例は翼付きヘリコプターと呼ばれるが,ハイブリッド航空機には,このほかグライダーに低馬力の推進装置をつけ,自力によって離陸できるとともに滑空も行えるモーターグライダー,飛行機に自由回転をする回転翼を備えオートローテーション着陸や短距離での離陸が行えるようにしたオートジャイロ,翼付きヘリコプターにさらに推進器まで備えた複合ヘリコプター(コンパウンドヘリコプター)などがある。このように他の航空機の特性を加え合わせることによって,現在では広告などごく限られた分野にしか利用されていない飛行船にも新しい用途が開ける可能性がある。…

※「オートジャイロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オートジャイロの関連キーワードJ.de la シェルバアメリア・イアハートハイブリッド航空機固定翼航空機ブレゲー推進力

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android