コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オールコット オールコット Alcott, Amos Bronson

3件 の用語解説(オールコットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オールコット
オールコット
Alcott, Amos Bronson

[生]1799.11.29. コネティカットウォルコット
[没]1888.3.4. ボストン
アメリカの教育家,社会改革論者,思想家エマソン超絶主義運動に参加。 1834年ボストンに幼児の学校を開き,ペスタロッチの方式を取入れる実験を試みたが成功せず,1839年に閉校。 1842年にはマサチューセッツ州北部で「フルートランズ」 Fruitlandsと称するユートピア的共同体を興したが,わずか7ヵ月で解散。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

オールコット
オールコット
Alcott, Louisa May

[生]1832.11.29. ペンシルバニア,ジャーマンタウン
[没]1888.3.6. マサチューセッツ,ボストン
アメリカ合衆国の作家。エーモス・ブロンソン・オールコットの娘。父親の交友関係からラルフ・ウォルドー・エマソンらと親しく,第1作『花のお話』 Flower Fables (1855) はエマソンの子供たちに話して聞かせた童話。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オールコット
おーるこっと
Louisa May Alcott
(1832―1888)

アメリカの女流作家ペンシルベニア生まれ。父は超絶主義者として有名な教育者のエーマス・ブロンソン・オールコット。生涯のほとんどをコンコード、ボストンで過ごし、エマソン、ソローや父によって知的な教育を受けた。生計のため『アトランティック・マンスリー』誌に短編を寄稿したりして、南北戦争に看護婦として従軍中の体験をもとにした『病院点描』(1863)で世に出るようになった。生涯に小説、詩、随筆など300近い作品を残したが、そのなかで、自分の家庭をモデルにした自伝的な少女小説若草物語』(1868~1869)で児童文学作家としての名声を確立した。その後、同じ素材をもとにして、一連の家庭小説を書き続けた。明るいユーモアにあふれた家庭生活を描いた彼女の小説は、心理的な洞察、写実的な性格描写に優れ、いまもなお、アメリカばかりでなく、翻訳されて多くの国に読者をもっている。[秋山 健]
『吉田勝江訳『昔気質の一少女』(角川文庫) ▽松原至大訳『ライラックの花の下』(角川文庫) ▽村岡花子訳『八人のいとこ』(角川文庫) ▽村岡花子・佐川和子訳『花ざかりのローズ』(角川文庫) ▽松原至大訳『花物語』(角川文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オールコットの関連キーワードアイブズクリティカルコネチカットコネティカットタクティカルドラマティカルアイズマテマティカマテマティカ2コネティカット[州]コネティカット・チェスト

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone