コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村岡花子 むらおかはなこ

5件 の用語解説(村岡花子の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

村岡花子

日本の翻訳家・児童文学者。本名は村岡はなで、旧姓は安中(あんなか)。1893年、山梨県甲府市生まれ。
赤毛のアン」を含む多くのモンゴメリの著作を始め、児童向け・家庭向けの文学作品や絵本を多数翻訳し、日本に紹介した。
父・逸平は熱心なクリスチャンで、社会主義運動家。逸平の希望で、2歳の時カナダメソジスト派幼児洗礼を受ける。女4人、男4人の兄弟の長女。
家庭は貧しかったが、逸平は花子の利発さを認め、華族や富豪の娘が多く学ぶ東京・麻布のカナダ系ミッションスクール、東洋英和女学校に編入学させるため奔走。1903年、予科1年生に給費生(国・学校・団体などから費用、特に学費を支給される奨学生)として編入を許される。厳しい英語教育生活指導を受けるなか、08年、東洋英和の寄宿舎に、8歳年上の柳原燁子(後に歌人・白蓮)が編入。互いに「花ちゃん」「燁さま」と呼び合う親友となった。
09年、燁子の紹介で、歌人・佐佐木信綱が主宰する短歌結社竹柏会に入門する。短歌の創作や日本の古典文学を学び、また生涯にわたる友人となる歌人でアイルランド文学の翻訳家・片山廣子と出会う。13年に東洋英和女学院を卒業し、翌年、山梨英和女学校へ英語教師として赴任。この頃、少女向け文芸雑誌少女画報」に童話や小説を寄稿。
17年には、日本基督教興文協会から初めての本「爐邉(ろへん)」を出版。19年、教師を辞め、東京・築地の日本基督教興文協会に勤め、翻訳と編集に携わる。訳書「モーセが修学せし國」を出版し、印刷を担当した福音印刷の支社長でクリスチャンの村岡●(にんべんに敬)三(けいぞう)と恋に落ち、結婚。長男・道雄が誕生する。
23年、関東大震災により福音印刷が倒産し、翻訳や童話の執筆で生活を支える。24年、「青蘭社書房」を自宅に立ち上げる。26に年、道雄を病で亡くす。悲しみの中、「ザ・プリンス・アンド・ポパー」に感銘を受け、子どもも大人も楽しめる家庭文学の翻訳を天職と考えるに至る。27年に、訳書「王子と乞食」を刊行。
32年からは、ラジオJOAK放送局(NHKの前身)の初の子ども向けラジオ番組で、ニュースコーナー「子供の新聞」のアナウンスを担当し、ラジオのおばさんと親しまれる。毎回の番組を締めくくる「それではごきげんよう!さようなら」というあいさつは人気を博し、流行した。41年の第2次世界大戦開戦を機にやめるまで続ける。
39年、世界情勢が悪化するなか、カナダ人宣教師のロレッタ・レナード・ショーから、友情の記念に「アン・オブ・グリン・ゲイブルズ」の原著を託され、翻訳を始める。これが後の「赤毛のアン」で、52年に、三笠書房より刊行された。同年夏、日本初の家庭図書館「道雄文庫ライブラリー」を自宅に開き、67年まで続けた。
戦後は、文部省嘱託や日本ユネスコ協会連盟副会長として、教育改革や福祉事業など社会活動にも広く携わった。57年には、日本翻訳家協会副会長就任し、60年に、児童文学への貢献により藍綬褒章を受章する。68年に脳血栓により死去。

(葛西奈津子  フリーランスライター / 2014年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

むらおか‐はなこ〔むらをか‐〕【村岡花子】

[1893~1968]翻訳家・児童文学者。山梨の生まれ。本名、はな。「赤毛のアンシリーズなど海外の児童文学を多数翻訳したほか、創作童話も発表した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村岡花子 むらおか-はなこ

1893-1968 大正-昭和時代の児童文学者。
明治26年6月21日生まれ。昭和7年から16年までラジオの子供ニュースを担当,全国的にしたしまれる。モンゴメリー「赤毛のアン」シリーズの翻訳で知られ,社会教育の各種委員としても活躍した。昭和43年10月25日死去。75歳。山梨県出身。東洋英和女学院高等科卒。旧姓は安中(あんなか)。作品に童話集「たんぽぽの目」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

むらおかはなこ【村岡花子】

1893~1968) 児童文学者。山梨県生まれ。「赤毛のアン」「若草物語」など児童文学の名訳を残す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村岡花子
むらおかはなこ
(1893―1968)

翻訳家、児童文学者、評論家。山梨県生まれ。東洋英和女学院高等科卒業。1932年(昭和7)から41年までJOAK(現NHKラジオ)の嘱託として子供ニュースを担当、人気を集めた。『たんぽぽの目』(1941)などの童話集を出版したほか、第二次世界大戦後はモンゴメリーの『赤毛のアン』を翻訳出版し、現在も多くの読者をもっている。作家活動のほかに政府の各種委員や諸文化団体の役員を務め、多面的な活躍をした。[二上洋一]
『村岡花子訳『赤毛のアンシリーズ』全10巻(1973・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

村岡花子の関連キーワードあり子の記亀八ユウキ安藤美紀夫清水真砂子白木茂神宮輝夫槙本楠郎光吉夏弥横谷輝

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

村岡花子の関連情報