コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイギュウ(海牛) カイギュウ

2件 の用語解説(カイギュウ(海牛)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カイギュウ(海牛)【カイギュウ】

マナティー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カイギュウ【カイギュウ(海牛) sea cow】

カイギュウ目Sireniaに属する哺乳類の総称。現在よりも過去に繁栄した動物で,現生種はジュゴン1種とマナティー3種の計4種だけである。体は紡錘形で,前肢はひれ状,後足は退化して見えない。尾部先端に水平な尾びれがある。体色は鉛灰色または淡紫灰色である。唯一の草食海獣で,唾液腺は口の中で水に洗われる部分には開口していない。胃から十二指腸にかけては特別な構造をしており,大腸は成長に伴って長くなり,成獣では小腸の2倍近くもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone