コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイラス[山] かいらす

世界大百科事典内のカイラス[山]の言及

【カイラーサ[山]】より

…古代インドの伝説上の山で,チベット南西部のカイラス山脈の西部に位置するカイラス山(チベット名カンリンボチェ,中国語の音訳は岡仁波斉峰)がそれにあたるとされている。ヒンドゥー教およびラマ教の聖地として,古くから崇敬されている山である。…

【カイラス[山脈]】より

…青蔵(せいぞう)高原内流水系とインダス川などインド洋への外流水系の分水嶺である。西部のカンリンボチェ(岡仁波斉)峰(6656m)はガンディセ山すなわちカイラス山とよばれ,ラマ教徒,ヒンドゥー教徒の信仰の対象。カイラーサ[山]【駒井 正一】。…

【チベット自治区】より

…インダス河上流のセンゲズアンボ河谷盆地やバンゴンツオ(班公湖)地域をふくむ。 本区の南端,カイラス(ガンディセ,岡底斯)山脈の主峰カイラス山(カンリンボチェ,岡仁波斉峰)はヒンドゥー教徒や仏教徒にとって聖地とみなされてきた。しかし,本区はチベット自治区ではもっとも降水量の少ない地域で,年100mm以下となり乾燥し,風砂の害もよくおこる。…

【ヒマラヤ[山脈]】より

…〈山の王〉(ギリラージ,ギリーシャ)とも呼ばれるヒマラヤは,インドの神話,伝説,文学と密接な関係をもち,神々や聖賢はこの山となんらかの関連をもっている。古代のインド人は現代人のように登攀の高度を競い,山岳の探検をすることはなかったから,漠然と〈雪の山〉と呼んで特別の山を指すことはなかったが,この山系の最北西端のカイラス山のみは,シバ神と神妃パールバティーの住む聖山カイラーサ山として信仰の中心となり,現在も巡礼者が跡を絶たない。ヒマバットは天女メーナーを妻とし,ガンガー(ガンジス川の女神)とパールバティー(山の娘)という娘をもうけた。…

※「カイラス[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone