カイラワーン(英語表記)Al-Qayrawān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイラワーン
Al-Qayrawān

チュニジア中部,カイラワーン県県都。首都チュニスの南方約 120kmにあり,イスラム教の聖地として有名。 670年,ウマイヤ朝のイフリーキヤ (現チュニジア以西) 総督ウクバ・イブン・ナーフィーがビザンチン帝国の要塞跡に軍事都市を建設。アラブによる北アフリカ征服が組織的に遂行され,以後北アフリカの総督府の所在地として,また対外発展の基地としての役割を果した。 800年頃からアグラブ朝の都となり,フランク王国のカルル大帝の使節を迎えたこともある。ファーティマ朝の時代 (916) にはここが放棄され,マフディーアを首都としたが,次のサンハージャ朝の時代にはまた都となり,1057年のヒラル族の侵入によって破棄されるまで栄えた。その後も信仰の中心地としての地位を保ち,町は高さ 35mのミナレットをもつシディオクバの大モスク (→カイラワーンのモスク ) や,「3つの扉のモスク」「砂のモスク」を中心に発達している。9世紀の 140mの直径をもつ大貯水池も有名。現在は穀物や家畜の市場で,伝統的な絨毯や手工芸品製作の中心地でもある。 1988年世界遺産の文化遺産に登録。人口9万 2690 (1989推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カイラワーン

チュニジア中部の内陸部にある古都。670年,ウマイヤ朝が派遣した北アフリカ総督ウクバ・ブン・ナーフィーが建設した軍営都市で,マグレブ最古のイスラム都市。9世紀にアグラブ朝の都となり繁栄。12世紀にチュニスに都が移った後も聖都として多くの巡礼者を集めた。堅固な城壁に囲まれた旧市街には,高さ35mのミナレットをもつマグレブ最古の大モスクシディ・ウクバ・モスク),マグレブでもっとも美しいといわれるシディ・サハブ・モスクがある。1988年,世界文化遺産に登録。人口13万9500人(2014)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カイラワーン【Qayrawān】

チュニジア中部,同名県の県都。人口10万3000(1994)。アラブの軍人ウクバ・ブン・ナーフィーが670年に築いた軍営都市(ミスル)が起源で,マグリブ最古のイスラム都市。ベルベル人の指導者クサイラによる占領(7世紀末)やイスラムの異端派ハワーリジュ派による占領(8世紀中ごろ)など,政治的に不安定な状態が続いた。9世紀にアグラブ朝の都になるとともに繁栄し始め,マグリブにおける政治,経済,宗教,学問の中心地になった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

カイラワーン【Qairawan】

チュニジア中部の都市。マグレブ最古のイスラム都市で、670年頃創建の初期イスラムの大モスクがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android