コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カエンボク African tulip‐tree

世界大百科事典 第2版の解説

カエンボク【African tulip‐tree】

熱帯アフリカ原産のノウゼンカズラ科の常緑高木で高さ20mになる。葉は対生し,奇数羽状複葉で大きく,長さ40cmに達し,通常は3~6枚の小葉を有する。小葉は卵状長楕円形,長さ4~12cmで,紙質,先端はとがり,縁に鋸歯はなく,裏面の脈上に短い毛を有する。枝端に生じる密な散房状総状花序に,多数の上向する大型の花をつける。花冠は鐘形で長さ7~8cm,赤色または橙赤色で縁は橙色になり,口部は反曲する。萼は多量の水をたくわえ,最初は倒披針形で鎌曲りしているが,後には前面で仏焰(ぶつえん)状に裂開し水を放出し,長さ5~7cm。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カエンボク
かえんぼく / 火焔木
[学]Spathodea campanulata Beauv.

ノウゼンカズラ科の常緑高木。英名のアフリカン・チューリップ・ツリーの名でも知られる。熱帯アフリカに3、4種分布する。枝を張り高さ20メートルに達する。葉は対生し奇数羽状複葉で、小葉は全縁、花は頂部の枝先につき緋紅(ひこう)色で大きく、多花性の円錐(えんすい)花序か総状花序である。美しい花をつけるため熱帯、亜熱帯の各地で日陰樹、観賞用によく植栽される。栽培は温室内に置き、初めは小鉢で育てるが、順次大きな鉢に植え替えていく。冬は10℃以上を保ち日によく当てる。繁殖は初夏のころ挿木で殖やす。日本では花を咲かせるのはむずかしい。[坂梨一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カエンボクの関連キーワードレパルス湾

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android