コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カザンラク Kazanlak/Казанлък

デジタル大辞泉の解説

カザンラク(Kazanlak/Казанлък)

ブルガリア中部の都市。バルカン山脈とスレドナゴラ山脈の間のカザンラク盆地に位置する。バラの生産が盛んで、西にあるカルロボ盆地と合わせてバラの谷と呼ばれる。紀元前4世紀から前3世紀にかけてトラキア人の王セウテス(セウト)3世が治めた。トラキア人の墳墓は、1979年に世界遺産(文化遺産)に登録された。毎年、バラの開花期である6月初旬にバラ祭りが催される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カザンラクの関連キーワードカザンラックシプカ峠フレスコ薔薇の谷シプカ

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android