コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カズウィーニー al-Qazwīnī, Abū Yaḥyā Zakariyā ibn Muḥammad ibn Maḥmūd

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カズウィーニー
al-Qazwīnī, Abū Yaḥyā Zakariyā ibn Muḥammad ibn Maḥmūd

[生]1203頃
[没]1283
ペルシア人百科学者。イスラムプリニウスといわれる。彼の百科全書は『被造物驚異と存在物の不思議』と題して,惑星,恒星,元素,動物,植物,人間,年代学を扱った部分と,『諸国の驚異』としておもに地理学を扱った部分に分れ,万物が取扱われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カズウィーニー【al‐Qazwīnī】

1203‐83
アラブの博物学者。ペルシアのカズウィーン(カズビーン)生れ。彼の編纂になる百科事典は,天文学宇宙論から動・植物学や年代学・地理学まで幅広く扱っており,当時の学問的知識の集大成といってよい。カズウィーニー自身は編纂者であって,独創的な内容はもたないが,宇宙論ではそれまでの成果をまとめあげ,一つの独立したジャンルにまで高めた点で,また地理学ではヤークートにほとんどを負いながらも,平易な叙述で地理的知識を広めた点で評価されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カズウィーニー
かずうぃーにー
Zakariy ibn Muammad ibn Mamd, abu Yay al-Qazwn
(1203/1204―1283)

ペルシア出身でアラビア語による百科事典の作家。その豊富な知識と批判力の不足から、プリニウスGaius Plinius Secundusと比較された。その百科事典の『生きもののふしぎとその特異性』'Aj'b al-mukhlqt wa-ghar'ib al-mawjdtでは、惑星、恒星、天使、年代、四元素、鉱物、植物、動物、人間を扱い、『諸国のふしぎ』'Aj'ib al-buldnと『国々のあとかたと神のしもべの歴史』thr al-bild wa-akhbr alk-'ibdでは、おもに地理学を扱っている。これらの知識は寄せ集めのがらくたのようであるが、当時を知るための貴重な資料となった。[平田 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カズウィーニーの関連キーワードアル・カズウィーニーディマシュキー

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android