コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カセトメーター cathetometer

デジタル大辞泉の解説

カセトメーター(cathetometer)

二点間の高さの差を精密に測定する器具。目盛りを付けた鉛直の柱に、それを上下する望遠鏡を水平に取り付けたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

カセトメーター

相隔たった2点の高さの差を測定する器械。目盛(水準器)をつけた鉛直柱と,これに沿って上下(マイクロメーターねじで微動)する望遠鏡からなり,測定すべき2点を望遠鏡で見て十字線に合致させ,それぞれの目盛をバーニヤ(副尺)で読み,差を求める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カセトメーター【cathetometer】

相隔たった2点の鉛直距離を測る器械である。望遠鏡を用いて遠方から点の観測を行い,一方の点から他方の点までの望遠鏡の移動距離から求める。2点は必ずしも同一鉛直面内になくてもよい。鉛直に立ち,その表面に目盛をもつ柱と,その柱に沿って上下に滑動できる水平に取り付けられた望遠鏡とからなる。付属している水準器と調節ねじとによって,柱を鉛直に,望遠鏡を水平に調整した後,観測を行う。柱の目盛は通常1mmであり,これをバーニヤで0.05mmまで読み取る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

カセトメーター【cathetometer】

二点間の鉛直距離を測定する器具。目盛りを刻んだ鉛直軸と、それに垂直に取り付けた望遠鏡とからなり、望遠鏡を軸上で移動させて測定点を視準し、その時の目盛りを読みとる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カセトメーター
かせとめーたー
cathetometer

2点の高さの差を精密に測定する器械。鉛直に立てた金属製の柱に沿って上下する望遠鏡を水平に取り付けたもの。鉛直柱は三脚台と付属の水準器によって鉛直に調整し、望遠鏡は上部に取り付けられた水準器によって水平に調整する。測定しようとする点を望遠鏡で望んで視野の十字線にあわせ、その高さを鉛直柱の目盛りと付属の副尺で読み取る。次に望遠鏡を上下して他の点にあわせ、その高さを読み取り、前の値との差を求める。[石川光男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カセトメーターの関連キーワード石川光男

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android