コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カッシア カッシアCassia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カッシア
Cassia

マメ科の1属 (カワラケツメイ属) で,落葉高木,低木あるいは草本を含む。日本にはこの属のものは,草本のカワラケツメイ C. mimosoides var. nomameだけであるが,南北アメリカ,アフリカ,熱帯アジアなどに約 450種も知られている。葉は偶数羽状複葉,花は総状または円錐花序につくか,あるいは葉腋に単生する。花弁は5枚でほとんど同形,マメ科ではあるが蝶形花ではない。この点でマメ科から分けてジャケツイバラ科とすることもある。観賞用や並木として植えられたり,果実や葉を薬用にしたり,また材を建材や家具材に用いる。日本ではハブソウ C. torosaやエビスグサ C. obtusifoliaなどを薬用に栽培する。熱帯アジア産のタガヤサン C. siameaは材が堅く,鉄刀木とも呼ばれ,古くから建材や杖などに使われる。

カッシア
Cinnamomum cassia; cassia: Chinese cinnamon

トンキンニッケイ,ケイともいう。クスノキ科の常緑高木。中国南部やインドシナ半島に自生,栽培もされる。高さ約 15mほどになる。葉は長さ 12~15cmほどで,表面に光沢があり,3本の葉脈が目立つ。小枝に小型で黄白色の花が多数つく。夏に楕円形で小型の果実をつける。若木または若枝の内樹皮を乾燥して香辛料の1種であるシナモンの代用とし,菓子や料理に用いられ,漢方薬としても利用される。近縁種セイロンニッケイ,ニッケイなど香辛料として利用されるものも多くあって,しばしば混同される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カッシア
かっしあ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カッシアの関連キーワードアントネッロ・ダ・メッシーナカワラケツメイ(河原決明)アントネロ・ダ・メッシナピエトロ・ダ・コルトナシンナミルアルコールウィーン美術史博物館シンナムアルデヒドトンキンニッケイウスキシロチョウニッケイ(肉桂)半ペラギウス説ウォルシーニーエビスグサマサッチョタガヤサンハブソウ演奏会ニガキ修道院シエナ

カッシアの関連情報