コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カナンガ カナンガKananga

5件 の用語解説(カナンガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カナンガ
カナンガ
Kananga

旧称ルルアブール  Luluabourg。コンゴ民主共和国中南部の都市。カサイオクシデンタル州の州都。キンシャサ東南東約 800km,カサイ川支流のルルア川沿岸に位置。 1884年,軍の駐屯地が建設されたのが町の起源で,95年ベルギー人に対するアフリカ人の抵抗の地となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

カナンガ(Kananga)

コンゴ民主共和国中南部の都市。旧称ルルアブルグ。カサイ川の支流ルルア川沿いに位置する。北西のイレボ、南東のルブンバシと鉄道で結ばれる。綿花の生産が盛ん。ルバ人が多く居住する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

カナンガ

コンゴ民主共和国中部の都市。ルルア川河岸にあり,ルバ人の中心地の一つ。交通,商業の要地で,空港がある。医薬品製造,食品加工業などが行われる。1895年アフリカ人による暴動があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カナンガ【Kananga】

中部アフリカのコンゴ民主共和国(旧,ザイール)中南部,西カサイ州の州都。人口39万3000(1994)。ルルア川上流,大西洋岸から約1200kmの内陸にあり,綿作を主とする農業地帯の交通・商業の中心。1884年にさかのぼる都市であるが,ベルギー領コンゴ時代はルルア川にちなんで,ルルアブールと呼ばれていた。20世紀初頭に鉄道が開通して急速に発展した。【西野 照太郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カナンガ
かなんが
Kananga

アフリカ中部、コンゴ民主共和国(旧ザイール)中南部にある都市。西カサイ州の州都。カサイ川支流のルルア川右岸に位置する。植民地時代にはルルアブルグLuluabourgとよばれていた。人口39万3030(1994)。住民はバルバ人が中心で、食品や綿花の加工業が発達している。鉄道で北は西カサイ州のポール・フランキー(現イレボ)と、南はカタンガ州ルブンバシと結ばれる。空港もあり内陸の国内航空の中心となっている。[赤阪 賢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone