コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カネッティ カネッティ Canetti, Elias

6件 の用語解説(カネッティの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カネッティ
カネッティ
Canetti, Elias

[生]1905.7.25. ルセ
[没]1994.8.14. チューリヒ
オーストリアの作家。ブルガリアで,スペインユダヤ人の家系に生れた。ウィーン大学卒業後,1938年パリに,翌年ロンドンに亡命。第2次世界大戦前は無名に等しかったが,近年再評価の機運が高まる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カネッティ(Elias Canetti)

[1905~1994]ブルガリア生まれの作家・思想家。1939年英国に亡命。1981年ノーベル文学賞受賞。小説「眩暈(めまい)」、評論「群衆と権力」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カネッティ

スペイン系ユダヤ人作家。ブルガリア生れ。ウィーン大学卒。ウィーンで活動を開始したが,1938年ヒトラーオーストリア併合を機にパリに亡命し,1939年からロンドンに定住。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カネッティ【Elias Canetti】

1905‐94
1981年度のノーベル文学賞受賞作家。ブルガリア生れのスペイン系ユダヤ人。ウィーン大学に学んで1929年哲学の学位を取得し,同地で作家活動に入ったが,ヒトラーのオーストリア併合の年,38年に亡命してパリに出,翌年からロンドンに定住した。ただし著作活動はすべてドイツ語による。小説《眩暈》(1935)をはじめとして,かずかずの戯曲,エッセーがあるが,文化哲学的省察の大著《群集と権力》(1960)がライフワークの一つと目される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

カネッティ【Elias Canetti】

1905~1994) 思想家・作家。ブルガリア生まれ。ナチスの手を逃れ1938年イギリスに亡命。作品はドイツ語で執筆。1981年ノーベル文学賞受賞。長編小説「眩暈めまい」、評論「群衆と権力」、カフカ論「もう一つの審判」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カネッティ
かねってぃ
Elias Canetti
(1905―1994)

イギリスの思想家、文学者。ブルガリアのルセでスペイン系ユダヤ人の家に生まれる。少年時代をヨーロッパ各地で送り、ウィーン大学で化学を修め、文筆生活に入る。1939年イギリスに亡命、以来ロンドンとスイスのチューリヒに居を構え、一貫してドイツ語で著作を発表した。1981年ノーベル文学賞受賞。
 25歳で長編小説『眩暈(めまい)』(1935)を執筆。万巻の書に埋もれ、現実から孤立する中国学者を主人公に、知識人の無力と小市民層に潜む権力欲を雄勁(ゆうけい)な筆法で描いたこの大作は、時代の趨勢(すうせい)からほとんど注目されずに終わったが、第二次世界大戦後、英米仏で広く読まれてドイツに逆輸入され、20世紀ドイツ語文学の代表作と目される。『眩暈』に先だつ1925年に想を得たライフワーク『群衆と権力』(1960)は、神話、宗教、歴史、人類学、伝記、精神病学などに関する膨大な文献を駆使する。しかもいかなる専門科学の方法にも依拠せぬ独創的洞察によって、死という「力の場」で演じられる群衆と権力の相互作用のメカニズムを人類史の総体のなかで解明した大著。また1971年に自伝の執筆に着手。第1部『救われた舌』(1977)、第2部『耳の中の炬火(きょか)』(1980)、第3部『眼の戯れ』(1985)は、自己形成にかかわる多くの故人を言語によって再生しようとする情熱に支えられた明晰(めいせき)な散文である。自伝が芸術作品の価値を主張できる例証として彼の代表作となっている。ほかに『戯曲集』(1964)、モロッコ紀行『マラケシュの声』(1968)、カフカ論『もう一つの審判』(1969)、断想集『人間の地方』(1973)、性格スケッチ集『耳証人』(1974)など。[岩田行一]
『岩田行一訳『群衆と権力』上下(1971/新装版・2010・法政大学出版局) ▽池内紀訳『眩暈』(1972/新装版・2004・法政大学出版局) ▽岩田行一訳『救われた舌』(1981・法政大学出版局) ▽岩田行一訳『耳証人――新・人さまざま』(1982・法政大学出版局) ▽岩田行一訳『耳の中の炬火』(1985・法政大学出版局) ▽岩田行一訳『眼の戯れ』(1999・法政大学出版局) ▽ユセフ・イシャグプール著、川俣晃自訳『エリアス・カネッティ――変身と同一』(1996・法政大学出版局)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カネッティの関連キーワードギェレルプコーンバーグピランデッロゴーディマーサンジョンペルスベルクソンラクスネスTSエリオット川端康成文学賞リンダウ・ノーベル賞受賞者会議

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カネッティの関連情報