コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カノコソウ(鹿子草) カノコソウ Valeriana fauriei Briq.

1件 の用語解説(カノコソウ(鹿子草)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カノコソウ【カノコソウ(鹿子草) Valeriana fauriei Briq.】

山地のやや湿った草地に生えるオミナエシ科多年草イラスト)。特有の香りがあり,観賞用や薬用として栽培される。根には8%の精油が含まれ,吉草根(きつそうこん)と呼び,日本ではヨーロッパのワレリアナ根の代用品とする。精油は種々のセスキテルペンおよびモノテルペンを含み,特有の臭気があり,精神不安定ヒステリーの鎮静薬として用いられる。しかし,このワレリアナ根をとるヨーロッパ産のセイヨウカノコソウV.officinalis L.よりカノコソウの方が薬用としては優良である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カノコソウ(鹿子草)の関連キーワード男郎花女郎花鹿の子草小梅蕙草栴檀草春女郎花犬粟女郎花合せ女郎花月金鈴花

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone