コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カノコソウ

3件 の用語解説(カノコソウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カノコソウ

北海道〜九州,東アジアの山地に自生し,また栽培されるオミナエシ科多年草。茎は高さ50〜100cmになり,葉は対生し,羽状複葉となる。5〜7月,茎頂に散房花序をつけ,淡紅色の花を多数つける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カノコソウ
かのこそう / 鹿子草
[学]Valeriana fauriei Briq.

オミナエシ科の多年草。山地のやや湿った所に生え、栽培もされる。茎は直立し、高さ30~80センチメートル、葉は対生し、7枚の羽片に深裂し、羽片には粗い鋸歯(きょし)がある。5~7月に茎の先端に集散状に淡紅色の多数の小花を開く。花冠は細長い筒状で片側はやや膨れ、先端は5裂し、雄しべ3本は花外に突き出る。果実は披針(ひしん)形で長さ約4ミリメートル、その上部に冠毛状の萼(がく)がある。地下の根茎から走出枝を出して繁殖する。根茎は太さ約1センチメートル、長さ1.5センチメートルで、長さ約20センチメートルの細根を多数つける。この地下部を薬用とする。それをカノコソウ、纈草根(けっそうこん)、吉草根(きっそうこん)と称する。ケッソウコンと発音するのが正しいが、最近ではキッソウコンが普通になった。精油を含有し、鎮静剤としてヒステリー、ノイローゼに用いる。ヨーロッパではセイヨウカノコソウValeriana officinalis L.の地下部をワレリアナ根と称して、紀元前から利尿、鎮痛、通経剤として使用していたが、現在よく使われている神経症状、たとえばヒステリー、てんかん、ノイローゼなどの治療法は18世紀中期以後に開発され、その経験からカノコソウの利用が始まった。
 カノコソウに類似したツルカノコソウV. flaccidissima Maxim.は茎の基部から細長い走出枝を出し地上をはって繁殖する。葉の羽片は卵円形で波状の鈍歯があり、雄しべは花外に突き出ない。茎の高さは20~40センチメートルで軟弱である。これは薬用にしない。本州、四国、九州の湿った木陰に生える。[長沢元夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カノコソウの関連キーワード東アジアヨモギ南部草花忍アジアンポップス桄榔オニユリクルミヤマユリエヒメアヤメ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カノコソウの関連情報