コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カフカス諸語 カフカスしょご

3件 の用語解説(カフカス諸語の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カフカス諸語【カフカスしょご】

カフカス地方で話される諸言語のうち,インドヨーロッパ語系,チュルク語系のものを除いた,本来この地方で話されていた諸言語のみを指す。約40の言語があり,話し手の数は約500万人。
→関連項目アディゲイアブハジアイングーシオセット語カバルディノ・バルカルカラチャイ・チェルケスバスク語

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カフカスしょご【カフカス諸語 Caucasian】

カフカス(コーカサス)地方に行われる約40の言語の総称でコーカサス諸語とも呼ばれる。言語人口総数は約500万人。カフカス地方でもイラン系のオセット語チュルク系のアゼルバイジャン語はふつう除外し,本来の意味のカフカスの諸言語のみを指す。南カフカス諸語,西カフカス諸語,東カフカス諸語の三つのグループに分けられるが,これらが一つの語族を構成するかどうかは,研究の現段階では未解決である。また,カフカス諸語と他の言語または語族との系統関係も不明である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界の主要言語がわかる事典の解説

カフカスしょご【カフカス諸語】

カフカス地方に分布する約40の言語の総称。周辺のインドヨーロッパ語族の言語やチュルク諸語との類縁関係が見られず、いわゆる言語島をなしている。話者数は600万人(うちグルジア語だけで350万人)。北東カフカス諸語(チェチェン語・アバル語など)、北西カフカス諸語(アブハズ語など)、南カフカス諸語(グルジア語など)の3グループに分けられる。これらが一つの語族を構成するかどうかは未解決だが、全体として、母音の種類が少なく子音の種類が多い、名詞が他動詞の主語となるとき自動詞の場合とは異なる格をとる、などの特徴がある。

出典|講談社
世界の主要言語がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone